BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

激安プリンターは日常使用に耐えられるのか?Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700を半年使っての使用感想

f:id:bto365:20180601155717j:plain

昨年末に激安プリンターである『Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700』を購入しました。

www.bto365.net

激安プリンターは日常生活に耐えられるか?

年賀状に使用した感想

年末購入した『Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700』ですが、まず年末に年賀状印刷に酷使いたしました。

家族でトータル300枚近くの年賀状を印刷しましたが、1回のインク交換を経てなんとか300枚近く印刷しましたが、流石激安だけあって、印刷が掠れることが多く、何枚かは廃棄扱いしなければならない年賀状も出てきてしまいました。

写真のプリントアウトに使用した感想

私は趣味で写真を撮影するので、気に入った写真があるとプリントアウトすることもあるのですが、プリントアウトした写真はお世辞にも綺麗とは言いがたいです。

以前は、可も無く不可も無くと表現しましたが、印刷を重ねるにつれて発色が悪くなっていってしまったようです。今は写真はコンビニプリントか大型電気店に設置してあるプリント機器で印刷しております。

通常の印刷物に使用した感想

書類関連などの白黒印刷に使用した感想ですが、この機能だけは長期にわたっても通常通り使えております。ある意味白黒プリンターと割り切って使うのが良いのかな?と思ってしまう状況です。

激安プリンターは白黒プリンターとしてなら使用に耐えられる

正直カラー印刷、写真印刷に激安プリンターは不向きだという結果を得られました。最近では書類の印刷くらいにしか使用しておりません。

写真はコンビニプリントで十分と思えましたし、激安プリンターで印刷するものではないと思いました。年賀状については、写真やカラー印刷には不向きだと思います。

枚数が多いようでしたら印刷を外部に依頼する方が、高性能プリンターを買うよりも良いですし、無駄に大きい激安プリンターは不要だと思えました。

最近プリンター本体も値上がりしており、更にインクも高価であるという、全くもって消費者に優しくない状況であると言えます。インクが大型タンク化しましたが、結局コストパフォーマンス的に消費者に優しくなったか?と言われるとそうでな無い気がします。

確かにスマートフォンやタブレットの普及で、プリンターの需要が下がっていると感じるので、値段も高くなってしまうのかもしれませんが、この値段設定だと益々プリンターの普及率は下がっていくような気がします。

最近調べて驚いたのですが、以前3000円程度で購入した『Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700』ですが、今は6千円を超える値段になっていて吃驚です。

この価格だったら、私も『Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700』を購入はしません。結局インク代が数千円してしまう上に発色が悪いので、メリットは感じられないと思います。

自宅のプリンターは不要の時代

コンビニプリントが普及し、かなり印刷技術も上がって発色も良いので、正直言って自宅にプリンターがある必要が無くなってしまったと思います。

書類のスキャナーは欲しいところですが、最近ではデータをメール転送して手続きが済むところも多くなっております。PCとスキャナーがあれば面倒なお役所手続きも済んでしまうところが多いです。

一家に一台のイメージであったプリンターですが、今後はそういった時代では無くなりそうです。高性能スキャナーの方が需要が上がりそうな気がします。

私も自宅にある書籍を電子書籍化したいので、スキャン速度の速いスキャナー『富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)』がそろそろ欲しいところだと思っております。