BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

The Textorcist The Story of Ray Bibbia プレイ感想

f:id:bto365:20220318135552j:plain

The Textorcist: The Story of Ray Bibbiaを遊んでみました。

The Textorcist: The Story of Ray Bibbiaをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7(64bit)
  • CPU:1.4GHz以上のCPU
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:VRAM512MB以上のグラボ
  • ストレージ空き容量:250MB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:2GHz以上のCPU
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:VRAM1GB以上のグラボ以上
  • ストレージ空き容量:250MB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあれば余裕でプレイが可能です。

www.bto365.net

The Textorcist: The Story of Ray Bibbia の評価

The Textorcist: The Story of Ray Bibbia の良いところ

  • タイピングと弾幕シューティングを上手くかけ合わせている
  • 攻守を考慮する必要のあるバトル

The Textorcist: The Story of Ray Bibbia の気になったところ

  • アドベンチャー部分が理解しづらい
  • タイピングゲーだがタイピングと同時だと遊びづらい
  • 文字が小さく見づらい

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20220318135603j:plain

海外ゲーなのでグロ寄りのグラフィックは使われております。題材がエクソシストなのでこれは世界観にあっている言えば合っています。主人公が厳つい神父さんなので、日本ウケはしないかもしれません。

操作性

タイピングゲームに弾幕シューティングを合わせていて、移動がシフト押しのWASDまたは矢印キーとなりますりコントローラーの場合はタイピングする必要はありませんが、LとRを指定どおりに押す必要があります。タイピングげーむとしては新しい試みであると思えますが、キーボード操作はWASD操作に慣れていないと難易度が高いです。

ゲーム性

f:id:bto365:20220318135614j:plain

タイピングゲーム+弾幕シューティングゲームといった内容です。また、主人公の神父が唱えるお説教は敵とある程度の距離まで近づかないと入力することができないので、安全圏で逃げ回るわけにはいきません。この攻守を考えた距離で戦うのが楽しいと思えます。

爽快感・達成感

タイピングが決まれば爽快に遊べます。

このゲームはオススメ?

タイピングゲームと弾幕シューティングゲームが好きならば楽しめそうです。

個人的総合感想

f:id:bto365:20220318135619j:plain

なんとなく遊んでみたら、とても楽しいゲームでした。タイピングゲームと弾幕シューティングゲームを上手に融合させていて、緊張感をもって楽しめるタイピングゲームになってます。ただ、タイピング練習になるか?というと微妙である程度タイピング能力のある人が腕試しに遊ぶゲームだと思います。このゲームでタイピングを練習するのは、かなりスパルタだと思いますのでハードなタイピング練習をしたい人にはオススメかもしれません。

タイピングはしたくないという人には、コントローラーで遊ぶとLBとRBボタンを指定のとおりに押すモードとなり、音ゲーのような感覚で遊ぶことも可能です。弾幕シューティングゲーム寄りで遊びたいならコントローラーで遊ぶ仕様もオススメです。これはこれで別のテイストの味わいがもてて好感がわきました。

敵との距離を詰めないと、相手に神父の言葉が聞こえないということで、敵と距離を開けすぎるとタイピングができない仕組みになっています。また、タイプミスをすると一文字入力した文字が減っていきます。これを気をつけないと一文字入力できていない状態で連続タイプするとガンガン文字が減っていき、また最初から入力なんてことになりかねません。しかし、文字を見ていると弾幕シューティングなので敵の弾丸に当たってしまうという、なかなか忙しくも楽しい作りになっています。神父は一度敵の弾丸に当たると本を落としてしまい、お説教の入力ができなくなり、さらに本を拾う前にダメージを受けてしまうとダメージが蓄積してしまいます。流石にタイピングゲームなのでここらへんはシビアさの緩和が行われていると感じました。残念なのは日本語に対応していないので、聞き慣れない言葉をタイピングするのが難しいと感じます。しかし、完全にシューティングゲームとしてコントローラーでも楽しめるので、気になったら触ってみても十分楽しめるゲームだと感じました。アドベンチャー部分で次のステージの場所を調べるのに自室のPCでGoogleを使って調べるなどシュールな仕様も見えて、なかなか楽しめる作品です。