BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

サソリ型のゲーミングチェアが発売!日本でも変わり種チェアが欲しい

f:id:bto365:20220311124112j:plain

ゲーミングチェアは数々あれど、大体同じ形に落ち着いてきてしまい、変わった形状のものは発売されておりません。

2022年の3月に、サソリの様なシルエットを持つ、珍しい形状のゲーミングチェアが日本のECサイトで販売となっているので、日本でも購入することができます。

ただし、お値段が税込みで657,800とぶっとんだお値段なので、ハイエンドゲーミングPCを購入できてしまうお値段なのが大変なネックとなっております。

流線状に変形するゲーミングチェアGEESCORPION

GEESCORPIONの特徴

モニターアームとなる尻尾

サソリのイメージなので、尻尾の部分にモニターアームが付属しており、29インチの16:9モニターなら3台を接続でき、最大49インチのウルトラワイドまで接続できるようです。ゲームセンター感のあるスペースができるので、この環境でエースコンバットとか遊んだら楽しそうです。

リモコンでグイグイ動く

手元のリモコンで、尻尾状のモニターアームと、座面がグイグイ動きます。リクライニングもできますし、手元のキーボードを載せるテーブル面も動くようなので、未来感が抜群の仕様になっております。

デカい

高さも長さも2メートル超えとなっております。さらに重さが200kgとなっており、まず購入する際には、家の中に運びこむだけで大変そうですね。迎えい入れる家のスペースの確保が大変そうです。この点は日本家屋には合わなそうです。

変わり種ゲーミングチェアも増えて欲しい

今回はサソリ型となっておりましたが、ゲーミングチェアもレーサー仕様のものばかりでなく、もうちょっとレパートリーに富んでいて欲しいと思います。結局長時間座るならば、事務机系がベストになってしまいますので、ゲームという趣味の時間を演出するガチガチの趣味に走ったゲーミングチェアが増えたら楽しいのではないかと思います。流石に65万円は購入には至らないですが、5万~10万だったら、こういったデザインを欲しいと思う人も増えると思います。流石にそうなると電動式とかではなく色々と削られそうです。

しかし、たまには色とりどりの配管がついているような椅子があっても良いのではないでしょうか?(配管はLANケーブルとかHDMIやディスプレイポートやUSBケーブルが入っていたら尚良いです。)今回は、そんな遊び心のあるゲーミングチェアが発売されても良いのではないか?と思わせるニュースでした。

最近はTVでゲーミングチェアのCMが流れるくらい認知度が上がっているようなので、そろそろ変わり種だけど格好良い!そんなゲーミングチェアが日本でも増えていってくれると嬉しいと感じました。

>> Playseat PUMA Active Gaming Seat