BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

WEPやWPAの違いWi-Fiルーターのセキュリティでどの規格が一番良い?

f:id:bto365:20211030160837j:plain

Wi-Fiルーターの設定をしていると、ルーターによってはセキュリティの種類を選ぶことができます。古くはWEPキー、最近ではWPA2やWPA3なんていう規格も出てきております。

規格の違い

WEP

古いルーターなどで使われていたセキュリティキーで、暗号化が単純でパスワードを変更しないと暗号化が同じ方法で行われるため、簡単に突破されてしまうようで、現在は使われていない形式です。いまだにWEPキーのルーターを使っている人は注意が必要です。

WPA

WPAは無印、WPA2、WPA3といった規格ができております。現状ではWPA3が一番堅牢なセキュリティとなっていますが、一部脆弱性が見つかったという報告もあるので、今後更に堅牢な規格が出てくる可能性があります。

ちなみにWPA-PSKやWPA2-PSKといった下にPSKが付くものは、PSKはPre-Shared Keyという意味になっております。PSKで接続毎に異なるキーを生成することで、より強固な暗号化が行われるようになっております。WPA3-personalという形式のものもあります。

これは対応するルーターでないと対応しておりませんので、ルーターの購入の際に機能を注意して確認しましょう。WPAでは暗号化形式がAESやTKIPといった形式がとられており、一定時間に暗号を変更するなどをしてセキュリティを強化しております。

規格は常に新しくなり、暗号化の形式を毎回変更することで堅牢性を保っておりますが、どうしても穴を見つける人はいるものなので、毎回更新されております。現状はWPA3が一番堅牢性の高いセキュリティとなっております。

無線は脆弱性がつきもの

セキュリティを強化しても、セキュリティを突破する人達がおり、結局イタチごっこになってしまっておりますが、そのことを踏まえるとルーターも定期的な買い替えなどが必要と考えられます。私もルーターを変更したら通信速度も上がったなんてこともありますので、費用が掛かってしまうという悪い事ばかりではありません。一応私が購入したTP-Link Archer AX10は、WPA3にも対応しております。古いルーターをそのままにしている人は、買い替えも考えても良いと思います。

www.bto365.net

まとめ

ルーターを選ぶ際には常に最新の暗号化形式などに対応しているか確認してから購入するのが良いでしょう。安いからといって中古のルーターや新古品のルーターを購入するのは、あまり良いことではないことが、暗号化の規格を見るだけでも理解できると思います。