BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ぎゃる☆がん りたーんず プレイ感想

f:id:bto365:20210220133303j:plain

【PC版】ぎゃる☆がん りたーんずを遊んでみました。

ぎゃる☆がん りたーんずをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel i5-4460または、AMD FX-8320以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti または、AMD Radeon R7 370以上
  • ストレージ空き容量:8GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel i5-4460または、AMD FX-8320以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 970または、AMD Radeon R9 390以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

最新のエントリーモデルのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。

www.bto365.net

ぎゃる☆がん りたーんずの評価

ぎゃる☆がん りたーんずの良いところ

  • 美しくなって見ごたえのあるグラフィック
  • エイム練習に丁度良いゲーム性
  • わかりやすいバカゲー

ぎゃる☆がん りたーんずの気になったところ

  • 10年前のゲームだがお値段フルプライス
  • 一部テンポの悪い部分もそのまま
  • キーボード&マウス操作に対応がしきれてない

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210220133312j:plain

グラフィックは綺麗になってます。若干キレイになりすぎてテクスチャの陰影が見えすぎている部分もあります。見習い天使の顔の陰影部分が、ジャイアントロボっぽく見えたりします。( 私だけでしょうか?)

操作性

元がコントローラー準拠のゲームだったためか、キーボード&マウス操作に対応しきれてません。WASDに対応しているのかと思ったら、急に矢印キーでの操作になっていたり、選択肢は数字キーのみでマウスには対応していなかったりと「ファ?」と思わされることが多かったです。

ゲーム性

なんとかオブデッドのゾンビが可愛い女の子になったという神発想のもと生まれたゲームで、しかもボムに変わるドキドキショットは、お気に入りのキャラを見つめまくれます。これは10年愛されるゲームになるわけですわ(納得)

今回グラフィックもパワーアップされてますし、ダブルピースや2よりも、私は1の方が好きです。

また、出てくるキャラによって弱点が違うというのも単調にならずに遊べる点でもあります。顔らへん、胸らへん、お尻らへん、脚らへんと撃ち抜くところを変える楽しみがあります。

爽快感・達成感

一撃で敵?を昇天させるエクスタシーショットを決めたときは爽快です。全てのキャラ配置などを覚えて全キル?達成などすると達成感も味わえます。

このゲームはオススメ?

ぎゃる☆がん好きなら安定して遊ぶことができます。FPSのエイム練習としても遊べますが、その名目であれば、価格を考えるとセール中にダブルピースや2を買ったほうがいいかもしれません。

個人的総合感想

2011年1月27日にXboxで発売されたぎゃる★がんが、リマスター化されて発売されました。Switch版が先行され、満を持してPC版も発売されました。あの神ゲーが発売されてから、もう10年が経過されていることに驚きです。

発売当初は、ハウス オブ デッドとカワイイ女子の融合という、これは素晴らしいゲームに違いない!と思わされて購入してはおりましたが、まさか10年愛されるゲームになってるということまでは想像つきませんでしたね。プレイしてみても、相変わらずの面白さは代わりありません。

初代をプレイしてから10年経過しているので、初代の仕様がうろ覚えになっているため、違いがいまひとつ感じられませんでした。リターンズをクリアしたら、久々にXbox360版を引っ張り出して、遊んでみようかとも思っています。相変わらずエイムの練習をするには丁度良いゲームで、若干操作がPCに最適化されていないと感じるものの、マウスでエイムすると、思うところにススっとカーソルが合わせられて快適です。

通常のFPSだと直ぐに酔うのですが、レールシューティングゲームは酔わないので、楽しく遊べます。2はVRに寄せて作られていたため、若干酔いましたので、私としてはやはり1の方が落ち着きます。久々に遊びましたが、やはりこのゲームはFPSが苦手な私でも爽快に遊べて満足です。

値段がちょっと高かったので、私は今回海外サイトを利用させていただきました。流石にXbox360やPS3でも買っておいて、更にリターンズを日本公式価格では買う気にはなれませんでした。Switchで限定版を買おうかとも悩みましたが、あのデカイ箱は目立ちそうですので、躊躇してしまいました。とりあえず10年経過しても、その楽しさは変わらず味わえたので、メインストーリーがしっかりしている分、私は1の方が好きです。気軽にエイム練習できるゲームとしては、良くできたゲームだと感じました。頭の力を抜いて楽しめる、良きバカゲーだと思います。