BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

The Medium プレイ感想

f:id:bto365:20210212163908j:plain

The Mediumを遊んでみました。

The Mediumをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-6600 または、 AMD Ryzen 5 2500X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU: NVIDIA GEFORCE GTX 1650 もしくは、Super or GTX 1060 または、AMD Radeon R9 390X以上
  • ストレージ空き容量:55GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU: Intel Core i5-9600 または、 AMD Ryzen 7 3700X以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1660 Super または、 Radeon RX 5600XT そして4K環境ならば NVIDIA GeForce RTX 2080 もしくは、 RTX 3060 Ti または、AMD Radeon RX 6800以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

中画質程度ならミドルスペックのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。高画質や4Kを考えるとハイスペックゲーミングPCかハイエンドPCが必要となります。

www.bto365.net

The Mediumの評価

The Mediumの良いところ

  • 美しいグラフィック
  • 現実と霊視世界という2つの世界観による謎解き

The Mediumの気になったところ

  • 主人公の女性が走っても小走り程度で移動が遅い
  • ポイントが小さくなかなか決定てきずにイライラすることも
  • ムービーが長い

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210212163917j:plain

グラフィックは超美麗でレイトレーシング機能を使うと、より美しくなります。水面の反射とか、木漏れ日とか、「お、レイトレーシングの恩恵だ!」というのを感じます。感じますが、おかげさまでレイトレーシングを使うと動作は重いです。フレームレートが30くらいまで落ち込むこともありました。RTX3000番台が欲しくなるゲームです。

操作性

動作がもっさりしている上に、主人公よ女性の移動速度も遅いので、ちょっと短気な人はイライラするかもしれません。とくに、あちこち行ったり来たり調べ物をするときが面倒でした。もうちょっと移動速度は早いほうが良かったと思えます。あと、字幕が出終わるまで、マップ内の品物が選択できなかったり、選択するポイント範囲も狭いのが面倒でした。気づいているのに、選択しないのも、もっさり感を助長しています。

ゲーム性

f:id:bto365:20210212163929j:plain

ホラーゲームですが、ホラーアクションではなく、ホラーアドベンチャー的な作りで、とくに鬼気迫るものはなく、ちょっと怖い雰囲気もありますが、主人公の女性マリアンの霊視能力等を使って謎解きするゲームです。異世界と現実世界を同時に見ることができるので、そこが目新しいポイントですが、2画面に別々の世界を描いているため、メッチャ負荷が高くPCのファンがうなりを上げてました。あと、地味に見づらかったりします。売りのシステムだけど、ゲームとしては微妙に感じます。まだまだ序盤なのでこの展開が後半になると活かされるのか?ということも問題でしょう。2画面使ったと言えるほどの謎解きは序盤には感じませんでした。「なるほどねー」くらいの感想です。

爽快感・達成感

謎解きもそこまで難しくもなく、達成感も爽快感もいまのところありませんでした。どうしてこうなった?的な好奇心は刺激されるゲームだと思います。

このゲームはオススメ?

ムービー多めのホラーアドベンチャー好きならば楽しむことができます。もっさり操作とかが気になる人にはおすすめできません。

個人的総合感想

f:id:bto365:20210212163936j:plain

Xbox Game Passで遊べるようになったので遊んでみましたが、もうちょっとホラーアクションしているのかと思ったら完全にホラーアドベンチャーでして、ゆっくり謎解きやらストーリーを眺めるタイプのゲームでした。

そういったタイプのゲームが好きならば楽しめそうですが、最近アドベンチャーらへんだと、眠気も誘われるため、ドキドキ感が薄い序盤の探索部分は眠気がともなうところもありました。しかし、ストーリーが進行してくると、なかなか惹き込まれるものがあります。もうちょっと動作がもっさりではなく、キビキビと動いてくれたら、しっかりと遊びたいと思わされるゲームです。

いかんせん、走る速度が遅いんですよね、ジョギング程度のダッシュしかしないんですよ、この主人公さんてば「もっと走らんかーい! 」と、思ってしまいます。バイオハザード並みか、それ以下の速度なんで、しかもマップが固定式のため、視点が切り替わって移動方向も切り替わるため、ここらへんもイライラのもとになると思います。

FF7やパラサイト・イブといった、背景が美麗すぎて行き先がわからない。といった不便さを感じるゲームでもあります。と、色々不満を出しましたが、霊視能力による、現実世界と、霊視界の2画面同時進行は、見ていて斬新で楽しいです。PCにはめっちゃ負担かかっているようですが(笑)

落ち着いて楽しむタイプのゲームなので、まとまった時間が取れたときに、ゆったりと肝を据えて遊びたいゲームだと思いました。