BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PC作業後に快適な眠りを得るためにしたいこと

f:id:bto365:20210206160244j:plain

リモートワークなどをしている人も、そうでない人も、就寝前までPCを使っていて、気持ちが高揚してしまって、寝付きが悪くなってしまう人、また、寝ても眠りが浅くなってしまっている人も多いのではないでしょうか? 私もコロナ禍の中、以前はその状態が続き、毎日眠い目をこすりつつ、ボーッとしたまま仕事に臨み、誤字脱字なども多く(ブログでもよくやらかしますが)小人さん達に仕事を任せて、よくわけのわからない処理をしていたこともありました。仲には同じパート繰り返しのある動画を作ったりと、小人さんには仕事は任せられないと悟りました。 冗談はさておき、快適な睡眠は大事だと思いましたので、生活改善をして、PCと向き合っていきたいと思い、色々試みて成功したことものを書いていきたいと思います。 よろしかったら参考にしてください。

睡眠の質を改善できたPCでの生活改善

寝る直前までゲームをしない

昔はこれでも、睡眠を取れば回復したんですが、今は無理です。とくに、ゲームで興奮した脳みそが冷却されないまま寝ているフシがあり、眠りがとにかく浅くなり、翌日になっても疲れが残ってます。睡眠の質が悪いと脳の錆が落ちないなんて言われてますが、ゲームを寝る直前まで遊んでいた翌日は、疲れが本当に取れておらず、うつらうつらする日々が続いてましたので、最近はゲームは寝る一時間前までとしております。これを心がけてから、かなり熟睡できるようになりました。小人が出てきたり、誤字脱字が酷いときは、この誓いを忘れてゲームしている時です。稀にまだやってしまうこともあります。

寝る直前に興奮するコンテンツを見ない

動画でもなんでも良いのですが、好きでもあり、嫌いでもあるような、とにかく脳が活性化する関連のものを寝る直前に見てしまうと、これも脳が興奮してしまうのか睡眠の質が下がります。ゲームより刺激が少ないと感じるのですが、いまひとつ熟睡した感覚が薄くなるので、これもまたよろしくありません。とくに、何か寝る前に満足して寝よう!なんて決めて動画や書籍を漁ってると、結局満足できずに巡回して、寝るまでの時間が遅くなり、睡眠時間を削ることもあるので、よろしくありません。オススメは全く興味のないワクワクも怒りもしない、感情の揺さぶられないコンテンツを睡眠前の一時間前から見始めることです。いい感じに脳がトローンとしだして、よく眠れます。私は、知らないアイドル(声優?)で淡々としたゲーム実況とか見ると、だいたい眠くなってきて、動画見た30分後にはいい感じに魂が抜けてきて、PCの電源を落として、そのまま布団に入って寝てしまいます。

合間に適度な運動をする

昨今一日PC漬けになることもありますが、基本的に運動は心がけるようにします。短時間でも良いので、負担になりすぎない運動をするようにします。調子に乗ってやりすぎちゃっても、これはこれで、興奮してしまったり、体は疲れているのに、脳だけ活性化するなんてことになります。適度な運動のサジ加減がわからない人は、きっと普段から運動していない人だと思いますので、そういう人ほど注意が必要です。いきなりスクワット100回とかは、やめましょう。普段やっていないなら尚更です。じっくりスクワットするなら10回でも効きます。そんな感じで適度な疲労感を得る運動すると、よく眠れます。

モニターはつけっぱなしにしない

モニターの明かりをそのままにして寝てしまうと、光が瞼にあたったまま寝ると、睡眠の質が落ち、よく眠れません。また、ゲーム中に値落ちした場合なんて、この状態になりますし、値落ちは寝る姿勢も取れてないので益々睡眠の質が下がります。寝るときは、光の無い状態で寝たほうが良いでしょう。

※明るくないと眠れないとか、そういった体質の人は除きます。

PCしながらの暴飲暴食もしない

睡眠の質以前に体調にもよくありません。どうしても運動しなくなり、カロリー消費も少なくなって行く上に、そこで、更に食事を余計に取ることは健康にとても悪いです。そして、睡眠の質が悪くなって行くことで、眠気防止のためにカフェインを多量に摂取し、さらに食事でエネルギーを取って一時的にヤル気は出たとしても、血糖値が上がった後に、また眠気が出てきて、またカフェイン&食事と負の連鎖しか生みません。このスパイラルにハマらないように、暴飲暴食はしないに限ります。加齢すると着実に身体にダメージが残りγなんたらや、中性脂肪、血糖値が上がります。睡眠だけの問題ではなくなります。

規則正しいPC生活を心がける

実は、コロナ禍のおかげで運動量があからさまに減った上に、暴飲暴食で改善された数値が、またぶり返してしまいました。これではイカン!と、思い今回は睡眠の質を改善し、さらに運動量を適度に取ることを心がけてます。睡眠が満たされると気持ちも満たされ、くだらないことでイライラしない余裕がモテるようになりますし、なによりPCを扱う上でミスもなくなり、より捗るという嬉しい生活向上が図れるようになりました。たかが睡眠、されど睡眠です。体質的に寝なくても大丈夫という人でなければ、満足の行く睡眠はとっておくにこしたことはありませんので、よろしかったら私と一緒にPC生活で行える睡眠改善をしてみてください。なかなか忙しいと改善すら難しいですが、全くやらないよりは、1つでも実行しておくと、充実した1日が増えると感じます。