BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Nintendo Switch用の有線ホリパッドをPCで使ってみた

f:id:bto365:20210129141005j:plain

今回ニンテンドースイッチ用のホリパッドを購入してみたので、その使い心地や感想などを書いていきます。

ホリパッドの特徴

まず、十字キーがボタン式の上に換装できるので、使いやすい方を選ぶことが可能です。また、十字キーを使わないときは、コントローラーの背面に格納できるのがとっても有能です。そして、有線であることで、操作の遅延もありませんし、他の機器との競合もありえません。やはり有線は配線こそ邪魔ですが、操作に支障をきたすことが少ないので使いやすいです。

PCで使った際の使い心地

PCでは、Switchのプロコンとして認識されました。私は基本的にXBOX コントローラーをPCでは常に使っているので、今回のこのホリパッドは、ボタンの表示の違い以外はほぼ違和感のないテイストで使うことができました。箱コンとはXYABの位置が逆なのだけは慣れませんけどね。いつかは、どちらかに統一してほしいところです。ちなみにSteamでプロコンとして読み込むと決定ボタンの位置が、Aボタン位置(Xboxコントローラーで言うところのBボタン)になるので、海外操作に慣れている人は、ちょっと一苦労します。

switchコントローラーとして

なぜ、このコントローラーを買ったか?というとPC上の使用感覚はもちろんのこと、Switch本体に使用しても問題なく使えるか?ということで購入しています。そしてなにより、心配なのがjoy-conドリフトの起こりやすさです。通常のjoy-conとプロコンは、早ければ数カ月でドリフトしだすんで、もう何度コントローラーのスティックを交換したかわかりません。すっかり修理方法を覚えてしまうくらいなので、最近では親戚や知人からも修理を依頼されるようになりました(笑)

いや、笑いこっちゃないんですけど、実は昨年5月に購入して、今の今まで使ってきて、様子をうかがってました。joy-conドリフトは、このコントローラーでも起こるのか?ということを・・・。

結果的には今現在に至るまで、joy-conドリフトは起こらず使えておりますので、純正にこだわる必要は無いと思えました。任天堂さんは、サードパーティに負けるような純正品ではなく、しっかりと剛性の取れた純正品を生み出してほしいものです。もうjoy-con使いたくないですからね。個人的には。修理するのも飽きましたので(笑)

まとめ

値段も安くて使いやすいので、PC用としても、Switch用としても使いやすいコントローラーであると思えます。残念ながら今現在品切れで販売を中止してしまっているようなので、無線式を買わねばならないようです。無線式は高いのでおいそれと買えないんですよね。時代には反していると思いますが、電池式よりも簡単で使いやすい、そして値段も安い有線式をもうちょっと発売してくれると助かります。

>> ホリパッド for Nintendo Switch