BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

NECのミニPC(LAVIE Direct DT Slim)のスペックがヤバすぎる

f:id:bto365:20201030140857j:plain

2020年10月に、NECがミニPCであるLAVIE Direct DT Slimを発売しました。しかし、この令和2年のこの時期に発売したPCにしては、性能に驚かされるものでした。驚くほどの高性能ではなく、驚くほどの低スペックということでの驚愕です。

強気すぎる値段とスペック

まず、性能を見て我が目を疑いたくなるスペックです。まず、値段が税別で98,800円です。エントリーモデルのゲーミングPCなら購入できてしまうお値段ですね。そして、スペックは下記の通りです。

LAVIE Direct DT Slimのスペック

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Celeron G5905T
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:500GB HDD

ちなみに、このモデルは売り切れておりました。え?買う人居たの?という驚きが隠せませんが、ネタで購入したのでしょうか。心配です。それとも、『我が家の最新PCはNEC製ザーマスのよ!ほほほほほ』とかで購入したんでしょうか?ご本人が満足ならそれで良いのですが・・・。

いまどき、メモリ4GBって一世代前のタブレットPC並みのメモリ容量です。そして、なにより、この令和2年に、『メインストレージがHDDだって、しかも500GB?嘘だろボブ!』『本当なんだぜ目を疑うだろジョージ!』という脳内掛け合いが勝手に浮かんでしまいます。いつの時代の話でしょうか・・・。500GBのHDDを大容量!と掲げられていたのは、記憶にすら薄れる時代だったと思うのですが。

そして、SSDへのアップグレードは、256GBへの変更で+24,000円です。しかも今の時代に『Optaneメモリー対応!』を掲げています。何年前ですか?3年ほど前にHDDを爆速化!とか言ってましたけど、今やNVMe接続のSSDが当たり前のこの状況下で、何を言い出しているのかちょっとよくわかりませんね。ちなみにメモリは増設できるようですが、8GBにすると+6,000円、なんと16GBにすると+16,000円です。

Wi-fi5対応

今の時代、ワイヤレス対応をうたっているものが多いですが、コチラのPCはWi-FiとBluetooth規格は3,000円で追加となっています。しかもWi-fi5対応!!最先端のWi-fi6ではないんです!ワーイジャパニーズピーポーと、何故か日本人にキレてしまいましたが、どういう了見なのかちょっと私には理解できません。

BTOPCのミニPCと比較

折角なので、同価格帯のミニPCと性能を比較してしまいましょう。まずはドスパラで売られている、ミニPCを探してみます。しかし、ドスパラでは10万円もするようなミニPCは売られていませんでした。仕方がないので、53,980円(税別)のミニPCと性能を比較しましょう。

mini Magnate IM Minecraft Starter Collection同梱版のスペック

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Core i5-9400
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:250GB SSD

CPUもメモリ容量のスペックもNECのものより高くなっています。容量こそ少ないけれど、250GBのSSDがメインストレージになっていれば、起動速度も高速です。大きさはちょっと大きくはなりますが、小さくても性能が低い場合は、タブレットPCでも購入しておいた方が良い状態です。

まず、値段がなにより半額程度です。なんなら、構成変更で各パーツをレベルアップさせ10万円くらいの価格にしたら、性能は大幅にアップします。メモリを16GBにアップさせて、サブストレージに1TBのSSDをつけて、メインストレージを500GBのSSDに変更しても、LAVIE Direct DT Slimのお値段よりは高くなりません。

次にパソコン工房で購入できるミニPCを紹介いたします。

LEVEL-IDA3-R53G-VHX

  • OS:Windows 10 Home
  • CPU:Ryzen 5 3400G
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:1TB NVMe対応 M.2 SSD

この構成で、価格は79,980円(税別)です。この性能なら、低画質ならPCゲームも遊べてしまいます。確かに小型かというと、ちょっと大きくも感じますが、性能面では満足度もとても高いので、購入して後悔は少ないでしょう。

www.bto365.net

なにかメリットはあるのか?

LAVIE Direct DT Slimを購入するメリットは、やはり大手会社のNECというだけあって、サポートが充実しているのかもしれません。結構別途費用が掛かるようにも見えますが、5年保証やら、製品の質が良いというので、かなり剛性の高いパーツを使っているのかもしれませんね。構成では、どこ製のナニパーツを使っているのか見えないので、わかりません。

昔は、我が家もNECのPCを使ったこともありましたが、なにかとよくわからないソフトが入っていて、自動的にランチャー起動して、逆に使いづらくて自作して、その後BTOPCに切り替えてしまっておりますが、NECというブランド名で購入してしまう人も多いのかもしれません。もし、検討する余裕があるなら、上記で紹介したPC以外にも、同じような値段で高性能なPCがBTOPCには存在しますので、頭の片隅にでも留めていただけたらと思います。