BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ゲーミングPC DENDEN RGBのサブスクリプションレンタルサービスについて考察

f:id:bto365:20201025143054j:plain

またもや、ゲーミングPCのサブスクリプションサービスが開始されるということで、これはお得なサービスなのか?というのを独自視点で考察いたします。

DENDENサブスクリプションサービス型ゲーミングPCレンタルサービス

サービス内容

まず、レンタルできるPCのスペックがそこまで高くはありません。搭載グラボもRTX2060、CPUがi7-9700という世代的にも古いもの、メモリは16GBは今であれば普通。そしてメインストレージのSSDは500GBのM2 SATA接続。MVMeじゃないのか?となってしまいます。

そして、サブスクリプションをうたってますが、月額3900円のプランでは途中解約できる期間が決まっており、最低期間内には解約できないようになってます。そして、解約自由なプレミアムプランは、月額7200円から開始され、半年毎に契約金が下がるシステムで、3年経過すると3900円までおちるそうです。なんとなく聞こえは良いですが、そもそもこのレンタルされるゲーミングPCの性能を持つゲーミングPCをドスパラないしパソコン工房で購入するとなると、12万円から15万円クラスになるかと思います。

今時メインストレージがSATA接続のSSDなので、もうちょっと値段が下がっても良いかな?と思います。さて、例えば15万円だとして、このサブスクリプションの値段に置き換えると、7200円×6ヶ月+6600円×6ヶ月+5900円×6ヶ月+5200円×6ヶ月という2年間で返済が終わる金額なのですね。

たしかに、その間にサポートを受けたいとか、故障があったら有用かもしれませんが、2年で完済できる金額の上にさらに一年契約して、グラボが最新になる!と言われても元がRTX2060なので、次に交換されるのがRTX3060とかだと得した気がしません。

多分その頃にRTX4060(あくまで予想です。)あたりが最新になってるかもしれませんが、それでも私の個人的な主観ではお得には思えません。

途中解約する気満々で契約は?

プレミアプランなら、格安プランと違って途中解約に制限がありません。7200円で数カ月契約して、ゲーミングPCってこんなものかな?と試すなら良いのかもしれません。その際には外付けHDDでも買って、全部のデータは外付けHDDあたりに入れておくことをオススメしたいですね。個人情報を入れまくるのは危険な気がします。

そう考えると自由に使えない分リスクを感じますし、月額7200円は安いとも感じられません。ゲーミングPCが自分にとって有用なものか一ヶ月くらいです割り切りたい人には良いかもしれません。

あまりオススメではない

ゲーミングPCの話題も拡散はされてきて、興味を持つ人は増えているようなのですが、サブスクリプションと言うなのローン契約であったり、あまりお得ではないプランは、個人的にはオススメできません。

かといって数十万円するハイスペックもしくはハイエンドゲーミングPCが自分にとって必要かなんてわかりませんからね、一度様子を見たいという人は、何度か一ヶ月で無料解約をできることを念押しした上でレンタルしてみるのもありかもしれません。

私は疑り深いので、持ってきてもらったあたりから、動画で傷のぐあいから撮影しておいて、返却の際には難癖つけられないようにしたいと考えちゃうので、そのことを考えると買ってしまったほうが心労が少ないとも考えてしまいます。

RTX2060は私の中では正直微妙なラインなので、GTX1660あたりのエントリーモデルのゲーミングPCを利子なし分割辺りで購入したほうが健全に思えてしまいます。あくまで個人の感想と考察ですので、どう思われるかは、この記事を読まれた貴方次第です。

サブスクリプションと書かれてますが、特にお得を感じないので、一ヶ月お試しレンタルくらいのゲーミングPCプランがあったら、そちらのほうが良さそうだと思えてしまうプランだと思います。