BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

【PC版】テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER プレイ感想

f:id:bto365:20201025142125j:plain

【PC版】テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERを遊んでみました。

【PC版】テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-750またはAMD X6 FX-6350以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:Nvidia Geforce GTX 660またはAMD Radeon HD 7950 以上
  • ストレージ空き容量:25GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-4770SまたはAMD Ryzen 7 1700以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:Nvidia Geforce GTX 970またはAMD Radeon RX 470 以上
  • ストレージ空き容量:25GB以上

ミドルスペックのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。

www.bto365.net

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERの評価

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERの良いところ

  • 美しいグラフィック
  • PCに最適化されたフレームレート制限なし

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERの気になったところ

  • シンボルエンカウントの当たり判定が大きすぎる
  • 中途半端なパズル要素
  • 序盤の戦闘が楽しくない

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20201025142203j:plain

グラフィックはリマスターされたPS3版を更にPCに合わせ改善されておりますので、フレームレートも向上し、見やすくなっております。

操作性

コントローラーで遊びましたが、コンフィグしないと、XboxコントローラーでXボタンで防御し、Yボタンでメニュー、Bボタンで攻撃がやりづらくて仕方ありませんでした。自分好みにコントローラー設定を変更して、なんとか遊べると感じました。初期配置は、操作が独特過ぎて覚える気になれませんでした。

ゲーム性

良くも悪くも古きJRPGという形です。シンボルエンカウントなのに、当たり判定が大きくて、敵シンボルを避けられず、なかば強制戦闘な気分になってきます。ムービーもやたら多く(スキップは可能)ぶつ切り感があります。 戦闘はスキルで回避などを覚えないと、冗長になり、操作しているのに硬直に連続攻撃をうけまくるというストレスが味わわされます。

爽快感・達成感

f:id:bto365:20201025142213j:plain

敵がすぐに後衛を狙うので、戦闘が快適だとは思えませんので、爽快ではないです。かといって達成感があるほど、敵が強いとも思えません。

このゲームはオススメ?

やれやれ系の主人公や可愛いキャラの出てくるJRPG好きなら楽しめるかもしれません。

個人的総合感想

f:id:bto365:20201025142220j:plain

Xbox Game Passにてサブスクリプションサービス内でプレイできるようになっていたので遊んでみました。遊んでみて『私はJRPGが苦手』という事実を思い出させてくれました。

いきなり『やれやれ系主人公』から開始されて、守られるべき姫様などもおり、乱発されるムービーに【何故、一時期ゲームから離れたか】を思い出させられました。私は『やらされている』と感じるゲームが嫌いなのですが、冒頭部分から専門用語も多く、そして話が勝手に進行して、巻き込まれているようで、置いてけぼり感が強く、まったく感情移入ができずにおりました。

『これは向いてないぞ』と思いながら、プレイ時間1時間で目が棒線になったまま5時間くらいはなんとかプレイしたところで、『向いてない』と完全にあきらめることとなりました。

2008年に発売されたゲームが、今なお語り継がれて遊ばれているのは素晴らしいことですが、12年経過していても苦手なものは苦手ということがわかってしまいました。昔は苦手だったFPS等もなんとか遊べるようになってきましたので、こういったムービーライクなJRPGもいけるようになったか?と思いましたが、心は思った以上に狭いままでした(笑)

終始苦虫をかみつぶしたような顔でプレイしていたかと思います。もうちょっと戦闘も楽しいと良いのですが、連続技もあまり気持ちの良いものでなく、敵ものけ反りがイマイチで、スーパーアーマー付きの敵も出てきて、プレイヤースキルがあまり関係ないように思えてしまうのも個人的にはマイナス点でした。

ウィザードリィ等のキャラメイクが楽しく、ローグライク系やダークソウル系の様に難易度高めのJRPGは好きなんですが、キャラクターの上に成り立った世界観のJRPGは苦手なままでした。ある意味苦手が再度確認できたので、今後ここらへんのRPGは手を出さないように封印していきたいと思いました。

音楽やらアニメシーンとかの技術が凄いのはわかりますし、サバらしいのですが、人間には向き不向きがあるので、それは理解しなければなりませんし、理解しても受け入れることができるかは、また別問題でもあります。人の好みは多種多様ということで、これはこれで素晴らしいけど、私には合わないというだけのことです。