BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

マフィア コンプリート・エディションのベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20201003140226j:plain

【PC版】マフィア コンプリート・エディションをプレイしてMSIアフターバーナーを使ってベンチマーク計測をしてみました。

マフィア コンプリート・エディションをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core-i5 2550Kまたは、AMD FX-8120以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 660または、AMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core-i7 3770または、AMD FX-8350以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1080または、AMD Radeon RX 5700以上

マフィア コンプリート・エディションをRTX2070でベンチマーク

f:id:bto365:20201003140244j:plain

私の所有するPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Ryzen 7 3700X、メモリ16GB、グラフィックボードはRTX2070となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

フレームレート

f:id:bto365:20201003140253p:plain

フレームレートは、安定して60fpsを超えており、90~100fps程度を維持しておりました。ハイスペックゲーミングPCならば、最高画質でもフレームレートは安定しております。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20201003140302p:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は3.5GB~4GBほどでした、GTX1650で、ギリギリというところなのでGTX1660以上は欲しい数値は出ています。

GPU負荷率

f:id:bto365:20201003140311p:plain

GPU負荷率はほぼほぼ100%となっておりました。ビデオメモリ容量は使用しませんが、GPUに高い負荷がかかるゲームのようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20201003140319p:plain

メモリは9GB~10GBの使用量でした。8GBでは不足しますが、16GBあれば十分な数値です。

CPU負荷率

f:id:bto365:20201003140326p:plain

CPUへの負荷は40%ほどでした。CPUへの負荷は高くないゲームの様です。

リマスターで非常に綺麗なグラフィックになっている分、GPUに与える負荷は高いようでした。フレームレートは100近辺を常にキープしているので、ヌルヌル動いておりまして、詰まるようなところはありませんでした。

マフィア コンプリート・エディションをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XA7C-G60S GTX1660Super搭載

CPUはCore i7-10700Fを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GTX 1660 SUPERを搭載、メモリは16GBを搭載しております。マフィア コンプリート・エディションをプレイするだけなら申し分無い性能を持っています。

>> ガレリア XA7C-G60S GTX1660Super搭載 Minecraft Starter Collection同梱版の詳細

ガレリア XA7C-R70S RTX2070Super搭載

CPUはCore i7-10700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERを搭載、メモリは16GBを搭載しております。最近のPCゲームだったら、FHD画質であれば申し分ない働きができるゲーミングPCです。

>> ガレリア XA7C-R70S RTX2070Super搭載 Minecraft Starter Collection同梱版の詳細