BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

実況動画に使える音声合成ソフトの比較

f:id:bto365:20200927133649j:plain

最近はゲーム実況動画を作る上で、自分の声で実況するのは恥ずかしいとか、家族や近所迷惑になるということで、音声合成ソフトの使用を考えている人も多いかと思います。今回は実況動画に使える音声合成ソフトの比較をしていきます。

音声合成ソフトの名称と機能とライセンスについて

それぞれライセンス契約などもあり、広告収入を得る場合は使えないなどの規約もあるので、うっかり規約を破るような使いかたをしないように注意しましょう。

ゆっくり実況

棒読みちゃんは無料ですが、Aques talkなどになると、商用利用にライセンスが必要となります。ライセンスは6,000円税抜と比較的安いので、しっかりと購入しておくと良いでしょう。音声を入力して、緩急をつける作業などは、直感でも行なえます。音声合成ソフトっぽい声ではあります。

www.bto365.net

CeVIO

こちらはアマゾンでも無料体験版(30日)が配信されてますので、簡単に試すことは可能です。こちらも単語登録ができますので長く使用することを考えると使い勝手が良いソフトだと言えます。

歌わせてCDを販売するとなるとライセンス契約なども必要になりますが、実況動画のナレーションでしたら、広告収入アリの動画に使用することも可能です。フルセットでも1万円程度なので、導入はしやすいソフトです。

>> CeVIO Creative Studio

AI トーク

結構有名どころです。アマゾンなどでも購入することができます。のぞみとせいじというボイスは使い勝手が良いと感じます。単語登録などもできるので、一度専門用語を覚えさせれば、後々の使い勝手が上がります。値段は14,000円ほどと高目です。ホームページ上でお試し使用ができます。

>> かんたん! AITalk 3 ダウンロード版

ボイスロイド

声の種類もあり、有名声優ということで実況に使えば集客力もありそうです。そう考えればソフト一本の値段は安いものと思えるかもしれません。基本的なシステムはAI トークを使用しているようです。

YouTubeのナレーション使用でしたら、商用ライセンスは必要ありません。スポンサー契約などするような売れっ子YouTuberになると、スポンサーがライセンス料を支払う必要があります。体験版もありますので一度お試しで使用してみたほうが良いでしょう。

>> VOICEROID2 紲星あかり ダウンロード版

初心者はCeVIOがオススメ

私が体験版を含め色々使ってみた感じですと、感覚的にもわかりやすいのはCeVIOでした。体験版もありますし、ソフト単品で3人の話者が使えます。実況動画のナレーションライセンス料金もかからないようです。

動画の概要に(CVさとうさらら CeVIO)と記載すれば良いようです。ゆっくりも導入はしやすいですが、私は使ってみてちょっとわかりづらいと感じました。

また、ゆっくりの場合には、一緒に表示させるキャラクターを使用する際には、また別途ライセンス料が発生する場合もあるので、キャラクターを使用する場合は気をつけましょう。

企業になると話は別物に

あくまで、上述したケースは「個人での利用」のケースです。会社(法人)で契約するとなれば、それこそ数十万円や数百万円のライセンス契約を結ばなければなりませんので、企業で導入を考えている方はご注意ください。