BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCがライトユーザーに敬遠される理由を考えてみた

f:id:bto365:20200905134200j:plain

スマホやタブレットが普及して、PCを扱うユーザーが減っていると感じます。今年はコロナ禍の影響で、テレワークの影響でPCの普及台数がUPしましたが、それでもスマホかPCを選ぶとして、まずPCを選ぶ人は少ないと思います。

なぜPCは敬遠されるのか?

値段が高い

最近は0円スマホが無くなったとはいえ、それでもPCの値段は高く、おいそれと買えるものではありません。稀に数万円のPCが発売されますが、とてもPCとして使えるものではなく、タブレットに毛が生えた程度の性能しかありません。

むしろタブレットに無理矢理キーボードを付けたくらいのものもあります。とくにゲーミングPCなんかは10万円を超えるものが多く、ライトユーザーには、そこまで高いものはちょっと・・・と購入を躊躇わせる値段であると言えます。

壊れてしまう心配

PCというと精密機器のイメージがあり、「すぐに壊れてしまうのでは?」というイメージがあります。スマホだって精密機器なんですけど、一体型な上にコンパクトで、最近では防水加工のものもあり、丈夫なイメージに見られるようです。

スマホも落とし方によっては一撃必殺なんですけどね(笑)また、キーボードと、マウスという操作がなかなか敷居の高さに拍車をかけるイメージです。一時期PCがメインになったときは、キーボードをタイピングできる人が増えましたが、最近はまたスマホの普及でタイピングできない人が増えているようです。

また、キーボード入力で不意にNumLockやCapsLockを押してテンパってしまう人も多いというのも困りどころです。よく、壊れた!という相談を受けるのもこのキーたちが悪さしているところが多いです。

操作が難しい

上述しましたが、スマホのフリック入力やタッチ入力と比較して、マウスとキーボードの入力となると敷居が高く、とくにタッチタイピングを習得するまでに行かないのがもどかしいようで、PCは面倒くさいというイメージがついてしまっているようです。

PCに慣れてしまった者からすると、フリック入力よりもタッチタイピングの方が楽と思ってしまうのですが、これも時代ですね。

PCユーザーから冷たい指導をされる

ggrks(ググれカス)というネット用語が流行ったように、今はなんでもわからないことがあっても調べないでSNSで聞いてしまう人がおり、そして現役PCユーザーからは冷たい対応をされるということが多いのです。

ちょっと前までのPCユーザーは、このggrksを通ってきたので、わからないことがあったら自分で調べるのが当たり前でした。今のSNS世代の人には、この点がわかりづらいところでもあります。

また、ブログも多岐にわたり、本当に知りたいところが書いていないブログもあります。私のブログもそこのところに気を付けていますが、検索TOPに上がるところに、調べてもわかりません。とか、そんな感じと書いてあって残念なことになっている部分もあります。

スマホほど直感で操作でいないところで、PCユーザーが教えてくれない!冷たい!といった対応で敬遠されているところもあります。私も同じことを母親に3回同じことを聞かれると、流石にググって・・・。と言ってしまいます。

ネット環境の構築が大変

今ではLANケーブルを挿せば自動的に有線LAN構築もできるんですが、スマホはかんたん設定でボタンのみでネット接続できる環境もあり、インターネットの構築だけでも敬遠されます。知人でも、PCの無線LANに繋ぐだけでも四苦八苦という人が多く、よく質問されるイメージです。

PCも簡易化が必要

今はPCを使う人は専門性が上がり、どうしてもPCの設定自体の敷居が上がっている気がします。スマホが簡単すぎるからこそ、なんでPCは面倒なんだ?と思われているようです。

ネット回線も、今はプロバイダ契約が面倒になってますし、更にネットの設定もお店に依頼すると有料で値段も高くなっているので、更に敬遠されるところが多いと感じます。

BTOPCなんかでは、ネットでの購入も簡単ですし、最近はチャットでの相談もできるようになっています。特にメーカーによっては365日24時間サポートがあるお店もありますので、そういったお店を利用することをオススメします。

近所の電気店の方が逆に値段が高いとすら感じるところもありますし、某店のようにわらない人の弱みにつけこむような売り方をするところも無いと思われます。逆にネットに強いお店の方が、後からSNSでの口コミを恐れておかしなことはしないと考えられます。

難しいからこその達成感

PCは難しいものと思われますが、覚えてみれば楽しいものですし、私も最初の2年間くらいは四苦八苦しましたが、あの四苦八苦があったからこそ、今があると思います。

年齢が高くなっても努力次第でまだまだ自分に伸びしろがあることを思い知ることができるので、PCがあって良かったと思っています。