BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

DAEMON X MACHINAのベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20200222120224j:plain

【PC版】DAEMON X MACHINAをプレイしをプレイしてMSIアフターバーナーを使ってベンチマーク計測をしてみました。

【PC版】DAEMON X MACHINAをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel i5-3470 または AMD FX-8300以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 660または AMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ容量:13GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel i7-6700 または AMD Ryzen 5 2600以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060またはAMD Radeon RX580以上

【PC版】DAEMON X MACHINAをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20200222120236j:plain

私の所有するハイスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Ryzen 7 3700X、メモリ16GB、GPUはRTX2070となっております。

数値の計測中は最高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

フレームレート

f:id:bto365:20200222120247j:plain

フレームレートは、設定では200が最高となっており、基本的にゲーミングモニターの最大が144です。計測上は200で表示されておりカクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20200222120259j:plain

ビデオメモリについては、2.5GB程度の使用でおさまっておりました。4Kとかになればもっと必要になる可能性もありますが、FHDではあまりそこまで高いビデオメモリは要求されないようです。

GPU負荷率

f:id:bto365:20200222120308j:plain

GPUへの負荷は、一時的な高いところでも60%とか一瞬で80%いくか?というところのようです。平均では50%程度といったところでしょうか?

GPU温度

f:id:bto365:20200222120317j:plain

温度は高いところでも50度~60度くらいです。あまりそこまで温度も高くなるようなことは無いようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20200222120328j:plain

メモリの使用量は7GB程度でした。通常のゲーミングPCの所有する8GBあれは十分対応できそうです。

CPU負荷率

f:id:bto365:20200222120337j:plain

CPUの温度も高いところで60度程度と、そこまで高くなっておりませんでした。

プレイしてみた感想と動作快適度

ハイスペッククラスのゲーミングPCがあれば快適で全く不安なく遊ぶことができました4Kとなるとまた違ってきそうですが、FHDであれば十分以上に遊べそうです。

【PC版】DAEMON X MACHINAをプレイするためにオススメなゲーミングPC

ガレリア XT

CPUはCore i7-9700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1660 SUPER (VRAM6GB)を搭載、メモリは16GBを搭載しております。

これだけの性能があれば、十分に【PC版】DAEMON X MACHINAをFHD画面であれば楽しむことが可能です。ほかのPCゲームを遊ぶにいたっても必要十分です。

ガレリア XTの詳細

ガレリア XF

CPUはCore i7-9700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2070 SUPERを搭載、メモリは16GBを搭載しております。

4KはなくともWQHDあたりでしたら、十分に遊べる性能を持っていますので、より高い解像度や高いフレームレートを目指すならコチラのゲーミングPCがオススメです。

ガレリア XFの詳細