BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

病気対策のためにもキーボードやマウスも清潔にすべき

f:id:bto365:20200214150544j:plain

新型コロナウィルスがニュースを騒がせており、マスクが薬局から消失しているなんて事象が起こっております。

マスクやうがいも良いことですが、やはり手洗いや手で触るものもしっかりと清潔にしておくことが必要だと思います。

キーボードとマウスとスマホは綺麗に

キーボードとスマホは手で常時触れるので、かなりの雑菌が付着していると昔から言われております。

実際にこまめに掃除をしておらず久々に清掃してみたら、とんでもない汚れが!なんてこともありますので、日常的によく触れるようなら、とことん清掃はしておくべきです。

清掃方法

キーボード

キーボードはキーキャップを取り外して水洗いまでできるなら最高ですが、結構面倒ですしキー配置を間違えると厄介です。

楽な清掃方法は、まずキーボードを逆さまにして、キーボード内に挟まってるゴミをはたき落とします。

その後、綿棒や爪楊枝なんかを使って細かいホコリや毛なんかも取り出しましょう。久々に清掃すると、なんで胡麻がこんなところから?なんてこともあります。

更に無水エタノールやアルコールを染み込ませた布でよく拭ってやると良いです。雑巾がけすると、ありえないほどの手垢まみれだったりするので、こんなにも汚いものを触っていたのか?とカルチャーショックを受けてしまうこともあります。

マウス

マウスも反対にしてはたくと意外に指のクリックボタンからゴミがでてきたりすることもあります。小さな隙間はやはり爪楊枝や綿棒を使って清掃します。意外に光学部分が汚くなってます。

そして本体をまるっと無水エタノールやアルコールで拭ってやると良いです。こちらも意外なほど汚いことがあります。

マウスパッドを使っているなら、洗濯できるものは洗濯し、そうでないものは材質に注意して清掃しておきましょう。マウスパッドも雑菌などが繁殖する温床になりやすいです。

スマホ

スマホやタブレットは液晶部分は液晶クリーナーで綺麗に、本体は材質に合ったクリーナーで清掃しましょう。

サイドのボタンの隙間あたりに皮脂汚れなどが付着しているので、これも爪楊枝や綿棒を使って取り出してみましょう。

使う前後に手洗い

キーボードやマウスやスマホを使う前と後に気を抜かずに手洗いをするようにしましょう。まず菌の付着した手で触らないのが繁殖と感染を防ぎます。

そして、もしも菌が居ても手洗いをしっかりと行えば、菌を自分の中の取り込むことが防げます。

手洗いは念入りに

手洗いはしっかりと石鹸をつけてよく荒い、勢いのある流水でザザッと流しましょう。節水でチョロチョロと流しても菌が流れきらないこともあります。菌を丸ごと流してしまうつもりで水をながした方が効果的です。

そして綺麗になった手をさらによく拭いて(勿論綺麗なタオル)乾かして、仕上げにアルコール除菌などすると効果的です。

まとめ

空中感染も怖いですが、手に付着した菌を間違って体内に取り込むことも怖いことなので、手に触れる機会の多いキーボード、マウス、スマホやタブレットは、こまめに清掃して、手洗いも励行すると良いと思います。

私は家族がインフルエンザ祭りになりましたが、自分自身予防接種と手洗いとこまめな機器清掃をしていたためかインフルエンザにかかりませんでした。あとは体調管理だと思いますが、少しでも感染の確率を下げたいならやれることはやっておくべきだと思います。