BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ビデオカメラ SONY HDR-CX680の評価・レビュー!PCでの編集や使い勝手も含めて

f:id:bto365:20200131142346j:plain

最近、動画編集を趣味にしだしているので、マイク入力端子のあるビデオカメラ SONY HDR-CX680を購入してみました。

HDR-CX680を実際に使ってみて

画質

画質は4Kには対応しておらず、1080までの(FHD)対応となっています。絶景などの風景とかの撮影にはあまり向いてません。

しかしスマホよりは美しく撮影できます。撮影した動画はADHCRとXAVC S HDで撮影可能です。

XAVC S HDで撮影すると、高画質のmp4形式で保存されるので、スマホやPCに転送しやすく、すぐに編集できるというメリットがあります。この機能も購入したきっかけとなる点です。

機能性

Wi-Fi機能がついているので短い動画を撮影した際にはスマホやPCに簡単に動画を送ることができます。

またUSBケーブルが持ち手の部分に直接付属、格納されているので、いちいちUSBケーブルを引っ張り出す必要が無いのは楽なところです。ただし、使い方が乱雑だとこのケーブルが切れる心配もあるので、扱い方には注意していきたいところです。

そして、このビデオカメラの購入の決定打となったマイク入力機能があり、外付けマイクが使えるのでマイクと風防をつければ、風の音も入らず綺麗な音で撮影が可能です。

>> SONY HDR-CX680の詳細

保存容量

本体メモリだけでも64GBあるので、余程時間のかかる動画撮影を行わなければ、容量オーバーすることもありません。拡張ストレージとしてはMicro SDカードが使えます。

私的には、ビデオカメラというとSDカードのイメージだったので、ちょっとビックリしてしまいました。MicroSDは後日買い足したいと思います。

大きさ、重さ

ちょっと大きめの本体ですが、重量は軽いと思います。カメラのα7iiiで撮影する動画も美しいのですが、やはり持ち歩き撮影には向いてないなーと思うので、手軽な撮影にはビデオカメラが良いなと思えました。

男性には握りやすくて良いかもしれませんが、大きいので女性にはホールドしにくいかもしれません。

簡易撮影には良い

ちょっと出歩いて動画撮影するには良いビデオカメラだと思います。

マイクを別途付けるタイプのビデオカメラはだいたい10万円位してしまうので、音質にもこだわりたいけど、あまり高い値段のものはちょっと・・・。という私のような人には良いビデオカメラであると思えます。

私の場合、画質に拘りたいならα7iiiで撮影すれば良いので、使い分けていきたいと思います。

PCへの動画転送はSONYのPlay Memorysを推奨されてますが、本体USBをPCにも接続しても、問題なくPC本体に保存できます。転送も楽々でした。(USB2.0なので撮影した動画が溜まると転送に時間がかかってしまいますが)

Wi-Fiも使えるので、撮影動画の確認を外出先でノートPCを使ったりタブレットを使うこともできるので結構便利です。

マイクを使うと自然の音やストリートライブの音なんかもクリアに撮影できるので、鞄に入れておいてササっと動画撮影したいときにも便利です。ただし大きさはそれなりにあるのがたまにきずですが、この値段なら仕方無いと思います。

PCとの相性も良いので、なかなか良い買い物だったかと思えるビデオカメラです。

>> SONY HDR-CX680の詳細