BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ソシャゲから離れる人が多い?ソシャゲ継続の難しさを語る

f:id:bto365:20191220142713j:plain

最近気になるニュースとしてソシャゲ離れのニュースを拝見しました、

徐々に進む「ソシャゲ離れ」、引退を決意したユーザーたちの声

私は基本的にソシャゲには全くハマらない性質で、専らゲームは買いきり派です。友人や知人の多くは、ソシャゲを遊んでいて、どんな内容とか面白さについても話を聞きます。

友人や知人の話ではソシャゲは継続して遊んでいるというか、手持ち無沙汰の際の暇潰しであることの方が多いようです。課金の話も聞きますが、私の廻りでは多くても一万円くらいに抑えているようです。

なんか、それは少ない金額らしいのですが、私からするとサービス終了するかもしれないサービスに月に一万円課金するだけでもカルチャーショックなんですが、そこは価値観の違いなので楽しんでるなら良いのかもしれません。

しかし、最近はなにかにつけて若者の○○離れって言葉で済ませてますが、ソシャゲが飽きられてしまうのは、なんとなく理解できるような気がします。そんなソシャゲの飽きられやすいというか、継続の難しい要素を私なりに考えたので書き出したいと思います。

ソシャゲの継続の難しさ

システムがどれも一緒

私が触れたソシャゲの数が少ないからなのかもしれませんが、ソシャゲというと、テキストパート⇒戦闘パート⇒報酬の繰り返しをして、時間によるチャージか、アイテムチャージでガチャを回すアイテムを収集して、ガチャをしてアイテムなりキャラクターをゲットする。

あとはイベント等が定期的に行われつつ上述した内容の反復作業というのが、様式美になっているような気がします。どんなゲームも大体この内容なのでわかりやすい反面、どのゲームを遊んでも新たな感動を得る機会も少ないと感じます。

パズルゲームなどもありますが、システムがわかりやすい反面、簡単なものも多く感じます。飽きやすい作りは継続して遊ぶことが難しくなります。

課金ありきのゲームバランス

ゲーム会社も課金してもらわなければ成り立たっていかないので、ゲームバランスを課金ありきでとることも多く見られます。「適度な課金」を心掛けられないと生活を圧迫してくることもあります。

また、課金ができなければ、今度は「時間」が必要になってきます。睡眠時間を削ってしまうと、まともな生活を送るのも難しくなり、判断力も衰えてしまいます。

毎日、お金や体力を削ってまでゲームするのは、それで収入を得ているプロゲーマーならまだしもストレス解消以上に心や身体や財布の負担が増えたら自身のプラスにならず継続が難しくなります。

また、ランキングなどがあるゲームは課金している人には勝てないことも多くランキングまで気にすると心的な負担がさらに増えます。

刹那的な満足度

最近のソシャゲはレアキャラクターやレアアイテムを入手するということが主流と私は思っていますが、このことで得られる満足度はとても短い期間になると思います。

最新のイベントのレアキャラが次のイベントでは、全く役に立たなくなるなんてことも多いです。人の欲望は叶えられると次を求めてしまうことが多いので、次から次へと何でもかんでも欲しくなります。

確かに瞬間的には楽しいし「レアキャラ出た!」なんてSNSで自慢もできると、より射幸心が煽られる気持ちもわからなくはありませんが、この快感は長期間続かないことが多いです。

適度に自分なりに楽しむのが難しい

ソシャゲの多くは、時間や金銭に縛られて遊ぶものが多く得られた満足も長続きしないものが多いと感じます。

自分なりのプレイスタイルが築きにくいのも、ソシャゲから離れてしまう人が多い要因かもしれません。私も以前書きましたが、どうにも性質に合わないので、ソシャゲは長期間遊べません。

www.bto365.net

若者のソシャゲ離れとも言われてますが、そろそろテンプレートになってしまっているソシャゲの作りそのものを変えていかないと飽きられているというのも大きいと思います。

それを言ったら据え置きゲームもでは?と思われるかもしれませんが、一時期確かに同じようなゲームばかりだった据え置きゲームは、最近かなり頑張って、色々と新たなものを作り出そうと頑張っているように感じます。

ソシャゲもそろそろ飽和してきているので、そろそらソシャゲの枠を新たな築いていかないといけない時代になってきたのだと思います。