BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Need For Speed Heatの5つの魅力

f:id:bto365:20191220142056j:plain

カーレースゲームは、すぐに飽きて今までみっちり遊んだことのない私なのですか、このNeed For Speed Heatについては楽しくあそべております。今回はそんなNeed For Speed Heatの魅力を語ります。

Need For Speed Heatの魅力

障害物にぶつかっても負けない

昔のレースゲームの自機って、シューティングゲームの自機のようになにかに当たると爆発するとか、派手にスリップするとか取り返しのつかないものが多かったのですが、近年のゲームは障害物に当たってもダメージだけでなんとかなる場合もありました。

そして、このNeed For Speed Heatは、よほど硬い障害物でなければガツガツと薙ぎ倒して進行することが可能です。

対向車の車に当たっても、ある程度の破損はするものの車は走ることをやめません。現実世界なら大事故ですが、ここはゲームですので、かなり硬い車になっています。ここらへんが、カーレース苦手な私でも敷居が低くなり楽しめる要因になっています。

また、他のcpuの操る車に当たっても負けないので、不公平感がありません。なんなら、上手く対向車にcpuカーをぶつける荒くれプレイも可能です。一応耐久力も限界があるので、ぶつけまくることはできませんが、やられっぱなしなんてことは無いので、ストレスが溜まりません。

カスタマイズが楽しい

車を好きなようにカスタマイズでき、更にプレイヤーキャラクターの容姿も変えられます(容姿は微妙なものが多いですが、私は好きです。できればスキンヘッドが欲しかった)デカールパーツを上手く組み合わせれば痛車なんかも作れるでしょう。

レースに意味の無い車高なども変更できるので、自分色に染めることができます。とてもじゃないけどリアルではやらないようなド派手カスタマイズもできますし、買わないようなスポーツカーにも、とんでも改造を施すことができるのです。

私はリアルでは、車は走れば良いという主義なので非現実感をおおいに味わえて満足です。180とかRX-7とか絶対にリアルでは買わないような車を好きなようにいじって、廃車を恐れずに走ることができるってのは、なかなかの味わいです。

夜のレースの緊張感

昼は通常のレースを遊ぶことができるのですが、夜はナイトレースで一般車がレース場で走ってます。この一般車が最初は糞鬱陶しいと思ってたんですが、良い緊張感を生み出す移動障害物となってます。

上手に利用すれば、一般車をライバルレーサーにぶつけることもできますので、成功したら脳汁が溢れます。しかし、失敗してしまうと墓穴を掘りかねませんが(笑)

また、夜は警察が徘徊していて、見つかると執拗に追跡をしてきます。パトカーから上手く逃走したり、クラッシュさせるとヒートレベルというものが上がり、夜のレースで入手する経験値の倍率が上昇します。

最初は捕まってばかりでストレスなのですが、マシンパワーを上げ、マップを覚えてジャンプ台で川に落としたりすると、かなりこちらも脳汁が溢れます。昼のレースは安心に走れて資金稼ぎにもなるんですが、プレイするうちに夜のレースの緊張感の方が断然たのしくなってきます。

イージーで初心者も楽しく

正直、私はカーレースゲームがド下手くそです。かなり下手すぎて笑っちゃうくらいです。絶望的と言っても過言ではありません。昔のレースゲームでは、ほとんど序盤のレースでリタイアするしかなく、やけになって逆走するしか楽しみがないくらいの腕前です。

しかし、そんな私でもNeed For Speed Heatはイージーにすれば、キッチリとストーリー進行を楽しめる間口の広さを感じます。色々と設定をオートにすると、こんな私でも車を操ることができ、徐々に操作に慣れることができました。

お?レースゲームって楽しいんじゃないの?と思うことができました。今までのレースゲームは雰囲気を味わってある程度すると勝てずに投げ出してましたが、need for speed heartは楽しく継続プレイできてます。

半オープンワールドで自由な遊びも

最近の車のゲームは、レース一辺倒ではなく、ドライブのみも楽しむことができるようになりました。このNeed For Speed Heatも半オープンワールド的に楽しむことができます。

一応通常マップでも看板を壊したり、フラミンゴ像?を壊したり、高速移動のできるガレージを見つけたり、ジャンプ台での飛距離を伸ばしてみたり、そんなやり込み要素なんかもあります。

景色も結構綺麗ですし、レースするだけでなく、ドライブするだけでも楽しむことができます。夜はゆっくり夜景を楽しみたいのですが、警察が要るのでそうもいかないのだけがたまにきずですが、それでも好きなように運転して走るのは楽しいものです。

荒々しく楽しめる

繊細な操作とかドライビングシミュレーターみたいなものを望んだら、なんか違う!ってなるのかもしれませんが、私のような通常のカーレースゲームが苦手で好き勝手遊びたい人間には、かなり魅力のあるゲームです。

多分このゲームに出会わなかったら勢いでForza Horizon4を買ったりしなかったでしょう。ひとつのゲームで価値観が変わるものなんだな、と久々に考えさせられたゲームでもあります。カーレースゲームが苦手だー!って人に是非遊んでみて欲しいゲームだと思います。

www.bto365.net

www.bto365.net