BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Windows7が間もなくサービス終了!サービス終了しちゃうとどうなる?

f:id:bto365:20191213131015j:plain

とうとうWindows7のサポートサービスが2020年1月14日に終了を迎えます。

サポートが終わってしまうと一体どういった心配があるのか?Windows7は使えなくなっちゃうの?という心配がある人も多いと思います。

今回は、サービス終了してしまうとどうなるのか?等について触れていきたいと思います。

Windows7のサポートサービスが終了したらどうなる?

更新プログラムの提供が終わる

Windows7のサポートが終わるということは、Windows7へ対策する更新プログラムがMicrosoftから配信されないようになります。

つまり、新たなウィルスなどの脅威から守るプログラムへの対策が全くされないようになるのです。

【ウィルス感染】の心配は格段に上がるので、個人情報の漏洩やパソコンの遠隔操作をされるなど、色々と怖いニュースの渦中に入ってしまいます。

個人であっても、これは大きなダメージを受けかねない、そして与えかねない状況になります。今は責任が問われる時代なので、こういった状況を放置しておくのは良いこととは言えません。

7向けのアプリが無くなっていく

Windows7のサポートが終了するということは、Windows7向けのアプリの配信は減少傾向になっていきます。

前述した通り、更新プログラムもされず不具合が起こりやすいOSに向けてわざわざアプリケーションを提供する企業は少ないです。

古いアプリのままですと、今後のプログラムに対応できなくなってくる心配もあります。とくに今後発売されるゲームではWindows7に対応しないなんてものも増えていくと思われます。

周辺機器も使えなくなる可能性

今まで使っていたものは良いですが、今後新たに購入するものであれば、もしかしたらWindows7に対応していないなんて周辺機器も出てくる可能性があります。

これは前述したとおり、サービス終了したものにわざわざ対応させる必要は無いからです。

不具合が起こっても修理ができない

古いOSのままでは、ハード的にもソフトウェア的にも、修理ができないものになっていく可能性があります。

近隣の知人で、PCの修理を頼まれて、PCのOSがVistaでビックリ!ということもあり、もう修理しようにもプログラムの修復自体ができなかったということもあります。

その知人には新しいPCに買い換えをオススメしました。ほとんどPCを使っていないとはいえ、流石にVistaでは、処理も重くネットを見るのもままならないと言った状況だったので、今は最新のノートPCにして快適なPCライフを送っているようです。

データをバックアップしつつWindows10への移行をオススメ

私もWindows7をギリギリまで使っていた口ですが、今は重い腰を上げてWindows10に変更して良かったと思っています。

確かに7の時に使っていたアプリやプログラムのいくつかは使えなくなり、買い替えなども生じてしまいました。しかし、いつまでも古いOSに固執すると、機能的にも古いものばかりになって、最新版の上質な機能も使いこなせなくなります。

面倒ごとも多いかもしれませんが、残すところ1か月程度となってしまったので、この機会にWindows10へ更新することをオススメします。

PCの性能が悪いのであれば、いっそのことWindows10を搭載したPCを購入してしまうこともオススメします。キャッシュレス決済などを併用すればポイントバックでお得な価格で購入できると思います。

設定の変更等、確かに四苦八苦する部分はありましたが、今では使いやすいと感じているところも多いので、更新を悩んでいる人にもWindows10への更新をオススメします。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net