BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Skybolt Zack 体験版プレイ感想!咄嗟の判断力がモノを言うハイスピードコンボゲーム

f:id:bto365:20191026155151j:plain

ハイスピードコンボゲームSkybolt Zackを遊んでみました。

Skybolt Zackをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU: Intel(R) Pentium(R) / Dual Core以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:Intel HD530以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX950M以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあれば十分プレイが可能になりそうです。

 

www.bto365.net

Skybolt Zackの評価

Skybolt Zackの良いところ

  • コンボを繋げる爽快感がある
  • 1ステージが短いので更なるハイスコアアタックも楽しい
  • ルートも多数あるので、分岐回収も楽しい

Skybolt Zackの悪いところ

  • 敵が多すぎて見づらいところもある
  • 素早い操作が必要なのでゲーム初心者にはとっつきづらい

総合感想

f:id:bto365:20191026155207j:plain

グラフィック

2DCGゲームとしては格好良く、よくまとまっているグラフィックです。主人公も見ていると段々格好良く見えます。

操作性

後述しますが、ボタンと敵と配色が一緒になると敵を倒せます。ですのでコントローラーが推奨されます。

しかし、コントローラーでもコンボを繋ぎ切るとなると結構な連打が必要となるので、私はアケコンの方が推奨となるゲームだと思えました。

かなり操作は忙しいので、ボタン配置をしっかり記憶して、操作しきれる人でないと、体験版の1ステージ目の後半だけでも結構難しいです。

ゲーム性

f:id:bto365:20191026155218j:plain

敵はXboxコントローラーの配色に対応しているのでXで青、Yで黄、 Bで赤色の敵を攻撃することができます。

AボタンはジャンプでA⇒Aで白色の敵を攻撃して二段ジャンプみたいなこともできます。そして、トリガーボタンでダッシュですが、これは方向キー二回でもダッシュに切り替えることが可能です。

敵に対応したボタンを瞬時に連打していく必要があるので、音ゲーにも感じられるゲーム性です。

爽快感・達成感

多くのコンボを繋げられれば繋げられるほど、爽快感と達成感が得られます。連打するギミックや長押しするギミックなど、慣れれば慣れるほど音ゲー的なゲームです。

そして、多くのコンボを繋げると得点も大きくなります。何度も同じステージをやりなおすこともできるので、練習を積んで高得点を目指すこともできます。ハマれば、やればやるほど遣り甲斐も得られる、よくデキたゲームだと思います。

このゲームはオススメ?

f:id:bto365:20191026155227j:plain

リズム系のゲームと、ソニック・ザ・ヘッジホッグの様なハイスピードアクションが好きなら楽しめるゲームです。

じっくりと1ステージをクリアすることが好きな人にはオススメはできないかと思います。また連打が不得意な人にもオススメはできないでしょう。

しかし、ハイスピードアクションが好きであれば、かなりハマれると思います。どちらかというとアケコン推奨と私は感じましたので、アケコンの扱いに長けた音ゲー好きな人にもオススメです。