BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Indivisible プレイ感想!ほぼアクションゲームなアニメーション表現がイカスRPG

f:id:bto365:20191020153135j:plain

格闘ゲーム、スカルガールズを制作した会社が作ったRPGであるIndivisibleを遊んでみました。

Indivisibleをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i3-2100以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 560以上
  • ストレージ空き容量:6GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-3470以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX670以上
  • ストレージ空き容量:6GB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。

 

www.bto365.net

Indivisibleの評価

Indivisibleの良いところ

  • よく動くキャラクターアニメーション
  • 緊張感のあるバトル
  • ダンジョン探索が楽しい

Indivisibleの悪いところ

  • 敵の攻撃モーションがわかりづらいものがある

総合感想

f:id:bto365:20191020153151j:plain

グラフィック

スカルガールズを作った会社だけあって、とても美しいアニメーションと美麗なアニメグラフィックを楽しむことができます。

キャラはヌルヌル動きますし、拘りも感じます。萌えに寄っているわけでもないので、しっかりとゲームを楽しめるグラフィックだと思います。

操作性

バトル中に敵の攻撃をジャストガードすると敵の攻撃の威力を抑え、必殺技ゲージの低下を抑えることができます。

しかし、このジャストガードのタイミングがわかりづらいので、この操作ができないとボス戦などは大変苦労する仕様になっているのでシビアな操作性だと言えます。

また、攻撃は方向で↑とニュートラルと↓+対応するキャラクターの攻撃ボタンなのですがストーリー進行すると、この攻撃の使い分けをしないと攻撃が通らない敵などもでてきます。

ストーリーが進行するにつれ結構操作は忙しくなってくるので、頭の中で整理が必要になってきます。

ゲーム性

f:id:bto365:20191020153202j:plain

体験版よりも、より忙しい操作が必要となっていました。更に体験版は敵の攻撃をくらうとダメージが蓄積されていましたが、製品版ではダメージは1戦闘毎にリセットされます。

ロマンシング sagaのような仕様になっているので、1戦闘に全力で臨むゲームになっています。

また、細目にセーブしませんと、バトルでゲームオーバーになると、結構昔のチェックポイントまで戻されてしまうので緊張感はあるつくりになっています。

爽快感・達成感

f:id:bto365:20191020153213j:plain

難易度は高いですし、敵のシンボルに攻撃をくらってから戦闘になると、かなりつらい状況になって戦闘が開始されます。

セーブポイントやチェックポイントから離れたところまで進行しているのなら、戻ってでもセーブしておいた方が煩わしくないでしょう。

そんなゲームなので、爽快感よりは達成感寄りのゲームです。ただ、ある程度攻撃回数が増える状況になれば、より多くのコンボを敵にきめるという爽快感が得られるつくりにもなります。

ストーリーをある程度進行すると、インフレが起こり更に与える攻撃も敵からくらう攻撃の数値も上がるので、ド派手な戦闘が楽しめるようになります。

このゲームはオススメ?

f:id:bto365:20191020153226j:plain

難易度が高めでアクションゲーム好きであれば楽しめるゲームです。じっくり腰を据えてゆっくりと遊ぶRPGを探しているのでしたらとてもオススメはできません。

おおよそアクションゲームなので、アクションゲームが好きな人にオススメできるRPGです。コマンドRPGでは睡魔に毎回襲われる私も緊張感を持って楽しめるアクションRPGでした。

久々にドハマりしてしまい、寝る間を惜しんで楽しめるRPGとなっていますので、時間はかかってもクリアまで遊んでみたいRPGだと思っています。アクション好き、ヌルヌル動く2DCGアニメーション好きな人には特にオススメです。