BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCゲームのマウス&キーボード操作に慣れる方法

f:id:bto365:20191020152649j:plain

PCゲームの操作をする上で、マウス&キーボードを使うことがありますし、エイム(狙いをつける)操作はマウスの方がやりやすいことが多いです。しかし、ゲームをずっとコントローラー操作している人からすると、マウス&キーボード操作に慣れるのは大変難しいことであると思います。

私も慣れるまではマウスとキーボードではイライラしていました。今もちょっとコントローラーを使うゲームをすると、再度、勘を取り戻すまで時間がかかるほどです。

マウス&キーボード操作の上達方法

WASDに目印をつける

キーボードにはホームポジションとなるFキーとJキーに突起があります。これと同じようなことを、WASDにも施します。

100均で売っているちっちゃいシールでも良いのでWASDに目印をつけておくと、TPSやFPSなどでEキーやFキーを頻繁に使った後でも間違えることが少なくなります。

ゲーミング製品を使う

私も最近買い換えたばかりなのですが、やはりゲーミングマウスとゲーミングキーボードにすると、扱いやすさが違います。

とくにゲーミングマウスは反応が良く、マウスのサイドボタンにもリロードやアイテム使用などのキーを割り当てておくと、WASD移動に集中できます。

しっかりとしたマウスを使うと思ったところにポインターを持って行けるので、エイミング能力も上がりますので勝率も上がるとモチベーションも上がります。

モチベーションが上がれば、マウスとキーボードに触れる機会も多くなり操作に慣れていくことができます。

コントローラー推奨ゲームもマウス&キーボードで遊んでみる

ここは荒っぽいやり方になりますが、操作に慣れるために敢えて、コントローラー推奨のゲームですらマウス&キーボードで遊びます。

最初は簡単なパズル系のアクションゲームから入ると良いでしょう。後々高度な操作を必要とするゲームを遊ぶと次第にマウスとキーボードに慣れてきます。

日常で左手を意識して使う

私は左利きではありますが、とくに日常で小指と薬指を気にして使うようにし、頻繁に動かすようにするとShiftやCtrlキーを操作する際に指が動かしやすくなります。

WASD操作は、慣れていないと指や手の甲が痛くなるので、日常から使うように心がけることが大切だと思います。

積極的に使うしかない

結局、習うよりも慣れろ!という根性論みたいなものになってしまいますが、一度自転車に乗れればしばらく乗らなくても身体が思い出すのと同じようにマウスとキーボード操作も『身体に覚えさせる』のが一番です。

コントローラー操作だって、最初は慣れなかった筈です。しかし何度か遊んでいくうちに慣れていった筈なので、キーボードとマウスも回数を重ねれば次第に身体が覚えます。

苦手だとどうしても敬遠してしまいますが、慣れたら使いやすくなりますので、苦手意識を無くすように使用頻度を上げることが一番大切だと思います。

また、どうしても扱い辛いマウスとキーボードを使っている場合は、手に合ったマウスとキーボードを購入することをオススメします。