BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ボーダーランズ3のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20191020151454j:plain

ボーダーランズ3をRTX2070搭載のゲーミングPCで、MSIアフターバーナーを使って数値計測をしてみました。

ボーダーランズ3をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core-i5-3570またはAMD FX-8350以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 680またはAMD Radeon HD 7970以上
  • ストレージ空き容量:75GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core-i7-4770またはAMD Ryzen 5 2600以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)またはAMD Radeon RX 590以上
  • ストレージ空き容量:75GB以上

ボーダーランズ3をRTX2070を搭載した準ハイスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20191020151512j:plain

私の所有する準ハイスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

 

www.bto365.net

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはRTX2070となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は2560 ×1080 フルスクリーンモードでウルトラ画質にてプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20191020151536j:plain

GPU負荷率はほぼ100%となっておりました。最初のメニュー画面以降、ゲームプレイ中にはほぼ下がっておりません。

ウルトラ画質でのプレイでは、グラフィックボードにも高い負荷がかかっている状態でした。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20191020151546j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は7GBを超えておりました。ほぼグラフィックボードの能力をフルで使っている状態のようです。

GPU温度

f:id:bto365:20191020151557j:plain

70度となっており、グラフィックボードの推奨される使用温度内にはおさまっているようでした。

フレームレート

f:id:bto365:20191020151604j:plain

ウルトラ画質でプレイした場合、フレームレートは40fps近辺になってしまいました。ムービー中なんかは、たまにカクつくこともありました。

もっとヌルヌル動かしたいなら、ハイエンドゲーミングPCが必要になってくるようです。

CPU負荷率

f:id:bto365:20191020151620j:plain

平均50%程度の使用率になっているようです。一部高いところもありますが、負荷がかかりすぎているということは無いようです。

CPU温度

f:id:bto365:20191020151632j:plain

ちょっと高めかとは思いますが、CPUの使用温度内には収まっている温度ではあります。

メモリ使用量

f:id:bto365:20191020151641j:plain

基本的に10GBを超える状態になっていましたので、メモリはやはり推奨である16GBを搭載しておいた方が良いと感じます。

プレイしてみた感想と動作快適度

ウルトラ画質でプレイした場合には、やはりちょっと重く感じる箇所もありました。無理してウルトラ画質ではなく、中画質や高画質に下げてフレームレートを優先しても良いかもしれません。

より高画質で楽しみたいのであれば、ハイエンドゲーミングPCの購入が必要になると思います。

ボーダーランズ3をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XF

CPUはCore i7-9700Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2070を搭載、メモリは16GBを搭載しております。

メインストレージもMVNe接続の512GBSSDと十分な容量を備えています。中画質・高画質でFHD設定であれば、十分快適な動作の得られるゲーミングPCです。

>> ガレリア XFの詳細

ガレリア ZZ i9-9900K

CPUはCore i9-9900KKを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは16GBを搭載しております。

こちらもメインストレージにMVNe接続の512GBSSDを備えています。このゲーミングPCがあればボーダーランズのウルトラ画質設定でも十分なスコアを出せるハイエンドゲーミングPCです。

>> ガレリア ZZの詳細