BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

スペースジャンキー非VRオープンベータ プレイ感想!3D酔いから解放されて遊びやすくなった宇宙空間対戦ゲーム

f:id:bto365:20190809161308j:plain

VR非対応版となったスペースジャンキーをプレイしてみました。3D酔いの酷い私としてはVRが無くなってプレイしやすくなったと感じました。

ちなみにVR版も以前β版をプレイしております。VR版との比較もちょっと書いていきます。

 

www.bto365.net

スペースジャンキー非VRオープンベータをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel I5-4590または AMD Ryzen5 1500X 以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX970 または AMD Radeon RX480X以上

上記はVR版の推奨なのでVR機能も不要となるのでエントリーモデルのゲーミングPCがあれば十分プレイが可能になりそうです。

 

www.bto365.net

スペースジャンキー非VRオープンベータの良いところ、悪いところ

スペースジャンキー非VRオープンベータの良いところ

  • 3D酔いを気にせず楽しむことができる
  • わかりやすいシステム
  • VRが無いと他のゲームと差別化される部分が薄い

スペースジャンキー非VRオープンベータの悪いところ

  • 対戦がメインなのでソロプレイのボリュームは少ない

総合感想

f:id:bto365:20190809161319j:plain

VRゲームだったけど、非VRになったことで、3D酔いからはかなり解放されました。15分くらいでキラキラモザイクモードになっていましたが、酔わない状態で遊べます。

宇宙空間内なので、そこまで視点の移動が無いからかもしれません。VRの時は『もう絶対無理!』と感じていましたが、VRなしで楽しむと普通に遊べるゲームでした。

基本的に対戦ゲームなので、対戦ゲームが好きかどうかで好みは分かれるかと思います。CPU戦モードもありますが、やはり対戦なので対人戦を楽しんだ方が楽しめるかと思います。

 

f:id:bto365:20190809161331j:plain

武器は銃撃から剣による攻撃などもあるので、敵の背後から斬りつけるなんていう楽しみもできます。操作はキーボードに慣れていれば、違和感ない操作が可能です。

WASD移動に加えSHIFTがダッシュ、スペースとCtrlキーで上昇と下降ができます。あとはマウスによるエイムと左右に構えた武器による攻撃です。

対戦ゲームとしても気軽に遊べるので、非VR対応版の値段がいくらになるか?が気になるところです。VRにあった武器を掴む隙とかそういった要素が、キーボードになってどういった隙を生むのか?というところも懸念点はあります。

VRで操作の難しさも面白さの一つではあったと思うので、若干非VR対応版は物足りないところもありましたが、対戦ツールとしては面白いと思うので、無料またはそれなりに安い値段であれば楽しんでも良いゲームだと思えました。