BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

MORDHAU プレイ感想!多人数でワチャワチャ遊ぶ他人数西洋チャンバラゲーム

f:id:bto365:20190524122007j:plain

Steamで人気になっているMORDHAUをプレイしてみました。

MORDHAUをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-4670 以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 680 以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-6600k以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 1060以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

プレイが可能になりそうです。

 

www.bto365.net

MORDHAUの良いところ、悪いところ

MORDHAUの良いところ

  • 敵・味方入り混じってサクっと楽しめる
  • 豊富なカスタマイズ要素

MORDHAUの悪いところ

  • 操作に癖があるので慣れるまでが大変

総合感想

f:id:bto365:20190524122037j:plain

近接戦闘ゲームが好きなので、人気が集まっていると噂のMORDHAUを遊んでみることにしました。フォーオナー的なものを期待していまいしたが、もうちょっとMORDHAUの方がもっさりしております。

また近接だけでなく、投擲武器などもコチラは充実しております。一応武器や盾でガードはできるものの万能なガードではありません。

なによりガードをはじくキック攻撃などもあるので、盾でガードを固めている相手にキックしてからの一撃を見舞う、そこから畳みかける!とか、それを読んでキックをかわして武器でサクッ!なんてことも可能です。

慣れれば駆け引きが楽しめますが、意外に武器の距離感がつかみづらいので、慣れている人には最初はバッタバッタと斬り倒されてしまうかもしれません。

 

f:id:bto365:20190524122048j:plain

モード的には2つの軍勢に分かれて戦う多人数対戦モード、今は当たり前となったバトルロイヤルモード、そしてCPUの敵がドーンと押し寄せるWAVEモードの3つがあるので、お好みの形式を遊ぶことができます。

共闘で楽しみたい、操作を覚えたいならWAVEモードから開始すると良いかと思えました。私もWAVEモードで操作を覚えるようにしました。慣れてきたら、バトルロイヤルや対戦モードで戦うと良い感じに楽しめるでしょう。

キャラクターの容姿も細かくカスタマイズすることができますので、自分好みの戦士を作りましょう。まぁ日本に寄せたようなアニメイケメンキャラを作るのはなかなか難しいですが渋いオジサンキャラは作ることができます。

ボイスも選べます。ボイスは武器をふるったりダメージを受けるときだけでなく、キーボードのVキーを押すことで、雄たけびを上げることもできます。敵に最高の一撃を見舞ったら雄叫んじゃいましょう。

現状人気過ぎて、なかなかサーバーにつながらない時間があります。私も最初にサーバーエラー祭りで、全くつながりませんでした。時間を置いたら遊べたので、混雑の激しい時間はあきらめてしまった方が良いかもしれません。

 

f:id:bto365:20190524122115j:plain

グラフィックはそこまで美しいとは思えませんでしたが、このゲーム性には合っていると思います。上手にやれば一撃必殺に近い攻撃もできますし、武器の種類も多数あるので、使いこなすのが楽しいです。私は長い得物でチクチクと逃げながら攻撃するのが好きでした。近づかれたらアウトなんですが(笑)

にげまわりながら弓矢でチクチクなんてこともできますし、剣と盾を持った聖騎士のようなスタイルで戦うことも勿論可能です。

弓矢や投擲武器、小さな近接武器から長い得物まで色々な武器の種類もあって、自分好みのプレイスタイルを見つけるのも楽しいので、西洋風のフィールドでワチャワチャ戦いたい人は是非プレイしてみると良いかと思います。

Pキーを押せば、一人称視点と三人称視点を切り替えられるので、一人称視点で3D酔いしやすい私のような人も、安心して遊ぶことができます。