BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

今からPCゲーム実況動画でYouTuberを目指して収益は得られるものか?

f:id:bto365:20190517125445j:plain

さて、子供がなりたい職業に【YouTuber】が出てくる時代になりました。そして、YouTuberと呼ばれる人も沢山いらっしゃるようになり、YouTubeのオススメ動画には多数のYouTuberの顔がのぼるようになりました。

YouTuberになるには審査が必要

さてYouTuberと呼ばれる人の収益は、主にアップロードした動画の広告収入から成り立っています。

広告の収益を得るには、YouTubeのパートナープログラムというものに登録して、GoogleアカウントとYouTubeパートナープログラムを紐づけして、Google AdSenseという広告において収益を得る審査に合格する必要があります。

この審査ですが、動画をYouTubeに投稿して、投稿したYouTubeの動画のトータル再生時間が4,000時間を超えて、更にチャンネル登録人数が1,000人以上となってから開始となりますので、一向に閲覧回数が増えない動画を投稿しても収益にはつながらないといえます。

ちなみに詳しい審査内容については最小限の参加資格要件で確認をしてみてください。折角動画を投稿してもYouTubeの規約を満たしていないと、収入は得られない状態となります。

そして、アップロードした動画もYouTubeの規約の中で広告に適した動画でないと、収益にはつながりません。最近は結構厳しくなっていっているので、簡単に収益につなげられるような状況ではないようです。

広告による収益の違い

YouTubeの動画を見ると、動画にでてくる広告の種類がいろいろと変わってきます。広告が小さなウィンドウで表示されてみたり、コマーシャルのような動画を強制で見せられたり、動画の横のサイドバーに表示されたりというものまであります。

また、この表示する広告によっては、収入となる広告費も違います。ウィンドウのものはクリックされないと収益にならないようですし、自動再生のものは収益の金額が少ないようです。広告の形式は一応選べるようですが広告内容までは吟味できないようです。

そして、月額8,000円以上の収益が無かった場合は広告の収益は振り込まれないようです。

PCゲーム実況動画は需要があるか?

人気のゲームは、やはり難易度が高い『ダークソウル』や『SEKIRO』等、そしてプレイヤー人口の多い『フォートナイト』や『Apex Legend』などは注目を浴びやすいと思います。

また人気のあるゲームでもアプローチの仕方が残念であれば、人気は出ないでしょう。『ゲームが上手』『ゲームが絶妙に下手』『声が良い』『演出の仕方が良い』等の動画の魅せ方次第なところはあります。あまりにも個性が無く、ボソボソと喋っている動画は人気が無いように感じます。

やってみたいなら実行

最近は収益を見越してYouTuberになる人も多いですが、絶対的に楽しんでいるYouTuberの方の動画の方が見ていて楽しいと感じます。

私は昔、実況動画は見ない傾向だったのですが最近は喋りが上手ではなくとも、楽しんでいる雰囲気が伝わるとなんとなく見てしまいます。

他には多数の攻略方法があるゲームの攻略動画やプレイ動画はついつい見てしまいます。私も縛りプレイあたりで、プレイ動画を作成してアップロードしてみたい・・・なんて考えてもみますが、どうにもトークスキルが無いので、文字だけが飛び交う動画になりそうなので人気は出なさそうです(笑)

どこか『埋もれない他とは違った魅力のある動画』が作成できれば、今からYouTuberになっても収益にもつなげられる可能性はあるかもしれません。

ただ、同じことを考える人は多数いるでしょうし、明日には思いついたアイディアが形にされてしまうかもしれません。思い立ったらすぐに実行!という意欲が一番大切なのかとも思います。