BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCの中古パーツを売るためにメルカリを利用してみた結果

f:id:bto365:20190426151526j:plain

グラフィックボードを買い替えたので、古いグラフィックボードが不要になってしまいました。

今後、性能検証などに使用しても良いのですが、いちいちグラフィックボードを差し替えて・・・というのも面倒なので売ってしまおうと考えました。売れば新しいパーツを購入する資金にもなります。

少しでも高くうるために市場調査

中古パーツをできるだけ高く売りたいということで市場調査をしてみます。売りたいパーツはASUS TURBO-GTX1060-6Gです。

各サイトで調べると、だいたい相場は1万円~13,000円程度でした。どうやらGTX1660の発売でGTX1060の相場もかなり下がっているようです。

私が調査した時期で、買取価格が高いサイトは以下の通りでした。

  • パソコン工房:中古の日で10%買取アップ 14,000円程度になる
  • ドスパラ:プレミアム会員だと20%買取アップ 同じく14,000円程度になる
  • ヤフオク!:相場を見ると18,000円くらいで取引されている 手数料を引くと16,000円くらいにはなる
  • メルカリ:2万円くらいで取引されているが、送料込み+手数を差し引き17,000円くらいにはなる

一番高く売れそうなのはメルカリでした。メルカリはあまり利用したことはありませんが、少しでも高く売るために利用してみようと思いました。

出品してみた結果

まず、過去の相場を見て2万円よりちょっと高い値段で出品してみます。メルカリはヤフオク!と違い値引き交渉が盛んなので、値引き対応をしたフリをするために高値で出品してみます。

案の定、出品したと同時に値引き交渉のコメントが入りました。しかし『1万円なら買いますよ~』とか『込み込みで15,000円にしてください』とかいう『おいおい、その値段ならお店で売るよ』という値段交渉ばかりでした。

その他、いいね!というよくわからない機能の通知が届き、一応二万円まで下げてみるも、全くの反応が無い状態でした。

売りに出して1週間くらい経過して、何も反応が無くなったので私は『出品の停止』を選択しました。『なんだかとても疲れた』というのが素直な感想です。

メルカリは流行っているアプリですが、フリマアプリというだけあって値下げ交渉が多く、コミュニケーションが得意ではない私としては、心労ばかり溜めるアプリでした。

ヤフオク!の方がドライな関係になるので、ヤフオク!にするか、もう面倒なのでお店に売ってしてしまおうかと思います。

ブロックやコメント削除も良いらしい

友人に後から聞いたのですが、よくわからない値引き交渉をするコメントなどは削除して、コメントした人をブロックするというのも普通にあることらしいです。

メルカリは慣れていなかったので、まず友人に相談してから始めるべきだったのかもしれません。【知らない】ということはやはり恐ろしいものだと思いました。

もし、今度利用する際には、よく使い方を調べ先人の知恵を伺ってから挑みたいと思います。しかし、かなり疲れたので、メルカリは【買う専(買う専門)】で利用したいと思いました。