BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

GTX1660Tiは買い?どの程度の位置づけのグラフィックボードなのか

f:id:bto365:20190308152404j:plain

最近発売られたGeForceシリーズの新し型番 GeForce GTX1660Tiですが、どの程度の性能を持って、どの様な位置づけのグラフィックボードなのでしょうか?

これから、グラフィックボードの購入を考える人の選択肢の一つになるグラフィックボードなのか性能を確認し、考察していきたいと思います。

GTX1660Tiの性能

GTX1600Tiの性能は、発表されている性能表を見ると(GTX1660Ti性能)GTX1060~GTX1070の間くらいの性能を持っています。値段を確認すると大体3万円後半~4万円前半の値段で販売されております。

目安となるGTX1060との違いを挙げると下記の通りです。

  • GPUコアはRTX2060と同じTuring
  • 製造プロセス技術もRTX2060と同じ12nm FFN
  • メモリタイプはGDDR6に変更
  • メモリバス帯域幅はGTX1060やGTX1070を超える

細かい性能は微量ながらGTX1060よりも増えております。

最新の技術が取り入れられているので、場合によってはGTX1070を超える性能を発揮できるところがGTX1660Tiの最大の魅力と言われています。

価格が安くなれば買い

グラフィックボード全般に言えることですが、発売して間もない時期は、ご祝儀価格となって値段が高い状態になっています。

今後さらにGTX1660やGTX1650が発売されることによって、価格も落ち着いてきますので、時期を置いてから購入した方が良いと私は考えております。

RT機能の無いミドルとハイの中間性能

性能的には、GTX1060以上の性能を所有しているけど、GTX1070に届くかどうか?という曖昧な性能を持っております。今後様々なゲームに最適化されていけば、GTX1070の替わりになるグラフィックボードになるかもしれません。

そうなった上で、価格が落ち着てもう少し値段が下がればGTX1060を超える、高コスパグラフィックボードの位置づけを狙えるグラフィックボードになると思います。

しかし、今GTX1060を使っている、またはそれ以上のゲーミングPCを所有している人からすると、魅力的か?というと難しい性能です。

GTX1000番台の性能が良すぎた

私もGTX1060を購入しておりますが、RTX2000番台の性能も高いことは理解できますが価格の跳ね上がり方も尋常じゃなく、手が出しづらい状況です。そしてGTX1600番台も、これまた微妙な性能であるといえます。

GTX900番台からGTX1000番台の性能のアップと値段の手頃さが、ある意味アダになっている気がします。もうちょっと待とうかな?という気にさせる値段と性能だと思えます。

GTX1000番台を様子見していた人でしたら、購入しても良いかな?という性能だと思えますが、既にGTX1000番台を所有している身からすると飛びつく性能ではないと思います。

今後の値下げに期待

GTX1600番台とRTX2000番台ですが、ラインナップも充実してきて、選択肢が広がっています。今後さらに値段が落ちて安定してきたら、お気に入りの性能のグラフィックボードが入手しやすい状況になるのではないか?と思えます。

年度末~5月末のボーナス前くらい、もしくは夏前の消費税10%に上がる前が買い時なのかな?と個人的に考えております。