BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

手首が痛いのでエルゴノミクス製品の購入を考えてみた

f:id:bto365:20190301163305j:plain

最近長時間PCに向き合うことが増え、マウスをトラックボールに変更しアームレストを使うなど対策しているつもりでも手首が痛くなることが増えてきました。

とくに右手首が痛いことが増えたので、なんとかしたいところです。

 

www.bto365.net

エルゴノミクスマウスの考察

右手首の痛みは、ずっとトラックボールマウスを使う姿勢で手首が上に上がる姿勢が続くことで起こっているのだと思います。

通常のマウスよりも負担は少ないのですが、それでも長時間扱うのは手首の負担になっているようです。

ここでエルゴノミクスマウスの購入を考えます。手首を立てたまま使えるので手首を曲げることなく扱うことのできるマウスです。

>> サンワダイレクト エルゴノミクスマウス

しかし、マウスですと頻繁に肘を動かすことになるので、今度は肘が痛くならないか?が問題視されます。どこか手首を立てたまま使用できるトラックボールを作ってくれるところはないのでしょうか?

仕方が無いので、現在使用しているトラックボールを立て持ちで使うようにしました。傾斜は樹脂粘土を固めて作ってます。しかし応急処置的なものですので、長くは扱えないと思います・・・。

やはりどこかのメーカーで立て持ちトラックボールを作って欲しいところです。

エルゴノミクスキーボードの考察

最近ゲーミングキーボードの購入でタイピングにかかる力の負担は減りましたが手首の負担については昔のキーボードと変わりありません。

手首への負担軽減について特化して考えると、キーの面が山なりなエルゴノミクスキーボードが手首にはよさそうに思えます。

一点エルゴノミクスゲーミングキーボードを見つけたのですが、とても高価なので、これを買ってみるか迷うところです。

>> エルゴノミックキーボード ゲーミングキーボード

しかし、この品・・・キー配置が独特すぎて、慣れるまでに時間がかかりそうです。

机の改善

高さを調節できる機能のある机を使えば、上記のエルゴノミクス系の商品を使わずとも手首の負担の少ないポジションがとれるかもしれません。

しかし、仕事用の机はおいそれと変更することはできませんので、自宅で長い場合は数時間PCゲームをしてしまうので、趣味の時間での体の負担軽減を図るより仕方ないのかもしれません。

最近自室のPC周りを座椅子仕様にしたので、使っている安物テーブルが良くなかったかもしれませんので、高さ調節のできるテーブルに変更しようか考えます。

>> 折りたたみテーブル ローデスク

もしかしたら、このテーブル環境にしたことが、一番の手首負担の要因かもしれません。

適度に休憩と手首を休めるより仕方が無い

PCの操作にはマウスとキーボードは切っても切れない状況です。少しでも手首、指、肩、腰の負担にならないようにしたいと思います。

テーブル改善やトラックボールとキーボードの使い方を改めて考察しなければなりません。腰痛が続いていたので腰に楽な姿勢と考えて座椅子仕様にしたけど、もしかしたらPCデスクに戻った方が良いのかもしれないので、色々とPC周りの環境構築を見つめなおしたいと思います。