BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

自作PCをRyzen 7 2700Xを主とした構成で考えてみた

f:id:bto365:20190301162745j:plain

先日自作PCの購入をハイエンドゲーミングPCで考察しましたが、コスパを考えた状況でRyzen 7 2700XとRTX2070を主軸とした自分好みのゲーミングPCの構成を考えてみたいと思います。

 

www.bto365.net

コスト重視の構成

最近RTX2070の価格が落ち着いてきて、更にPCパーツ各種の値段も落ちてきているので、コストを抑えた自作構成を考えてみます。

Ryzen 7の3000番台も噂がありますが、今回は2700Xを使ってみた構成を妄想致します。

CPU

勿論主人と考えているコスパの良いCPUAMD CPU Ryzen 7 2700X をチョイス致します。

グラフィックボード

最近価格の落ち着いているGTX2070をチョイスということで、amazonでも価格が下がっているMSI GeForce RTX 2070 VENTUS 8G グラフィックスボード VD6826をチョイスしたいと思います。

マザーボード

Ryzen主軸なので、このMSI X470 GAMING PLUS ATX ゲーミングマザーボードをチョイスしてみたいと思います。

メモリ

メモリは価格的に手が出しやすいCORSAIR DDR4-2666MHzをチョイスします。本当はもっと性能の良いメモリを・・とも考えましたが、このメモリでも十分でしょう。

SSD

メインストレージの容量を大きく、快適に過ごしたいのでSSDはSamsung SSD 1TB 860EVOをチョイスします。

これで、メインで遊ぶゲームもSSDに保存して快適に過ごせます。動画等は別途HDDを購入すれば良いでしょう。

HDD

サブストレージにはSeagate BarraCuda 6TBをチョイスします。6TBあれば当面動画や写真の保存にも安心です。

電源

電源はCorsair RM650xをチョイスします。

PCケース

PCケースは変わらず、サイドパネル開口式を選びたいのでCC-9011059-WWをチョイス致します。

保証やポイントは無いがお好みの構成はできた

やはり自分好みのPCパーツが選べる代わりに、保証やポイントなどが無いので、BTOパソコンと比較するとやや割高に感じられます。

自作は楽しいのですが、やはり自作する時間もかかり、相性等も保証されないというリスクがあります。そこをどう考えるか?というところが自作とBTOパソコンで天秤にかけられるところだと思います。

ケースやパーツに拘るとなると、やはり自作も捨てがたいところです。今回Ryzenで構成を妄想してみましたが、結構自分好みの構成ができたので、今後Ryzenへの乗り換えも考慮していきたいところです。