BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

バトルフィールド5 プレイ感想

f:id:bto365:20181130144321j:plain

BF5をプレイしました。

バトルフィールドVをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Core i5 6600KまたはAMD FX-8350以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050もしくはNVIDIA GeForce GTX 660またはAMD Radeon RX 560もしくはHD 7850以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows710(64bit)
  • CPU: Intel Core i7 4790またはAMD Ryzen 3 1300X以上
  • メモリ:12GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)またはAMD Radeon RX 580以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

DXR向け推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7 8700またはAMD Ryzen 7 2700以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070以上
  • ストレージ空き容量:GB以上

FHD画質であればミドルスペックのゲーミングPCでプレイが可能になりそうです。4Kやレイトレーシングのことを考えたらハイエンド一択です。

 

www.bto365.net

バトルフィールドVの良いところ、悪いところ

バトルフィールドVの良いところ

  • 美麗なグラフィック
  • ソロからマルチまで遊びの幅が大きい

バトルフィールドVの悪いところ

  • イージーでも難易度が高い

総合感想

f:id:bto365:20181130144339j:plain

相変わらず美しいグラフィックと快適な操作で安心感のあるゲームです。ややマンネリは感じますが、ソロでもマルチでも楽しめます。

バトルフィールド1をプレイした際には、ストーリーモードでイージーでプレイしたら結構進行できたのですが、今回のストーリーモードはかなり難易度が高く感じます。

ただでさえFPSは苦手なので、いつもイージーでプレイするのですが、イージーでもよくやられてしまいました。正直言って、これイージーなの?と思えました。

結構敵はしつこく追撃してきますし、見えないところから撃たれて『え?』ていうことも多かったです。ある程度バトルフィールドの知識とウデマエは持ってるよね?というスタンスを感じました。

 

f:id:bto365:20181130144501j:plain

色々と懇切丁寧に説明はしてくれるのですが、『言っている意味がよくわかりませんね』状態のまま進行してしまうことが多いです。FPSやTPSや格闘ゲームは敷居の高さを感じることが多々ありますが、今回のバトルフィールドVに至っても敷居の高さを感じました。

慣れたら楽しいのですが、腕はもうちょっとバトルフィールド1で上げておいた方が良いな・・・と遊んでいて思いました。ある程度FPSが得意な人であれば楽しむことができるゲームだと思います。FPSのわりには、視点ががくがくしないので酔いづらいと感じました。

 

f:id:bto365:20181130144513j:plain

難易度高めなので、ある意味FPSの修行になるかと思いますので、地道にストーリーモードから続けていこうかとも思います。クリアするころには、もしかしたらFPSが上手になっているかもしれません(笑)

来年にはバトルロイヤルモードも追加されるようなので、今後の展開にも期待したいゲームでした。