BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

BF5のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20181116231924j:plain

2018年11月20日にリリース予定ですが、Origin Access Premier契約をして先行して11月10日よりBF5(バトルフィールドV)を遊んでみて私のゲーミングPCで計測をしてみました。

BF5をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Core i5 6600KまたはAMD FX-8350以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050もしくはNVIDIA GeForce GTX 660またはAMD Radeon RX 560もしくはHD 7850以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows710(64bit)
  • CPU: Intel Core i7 4790またはAMD Ryzen 3 1300X以上
  • メモリ:12GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)またはAMD Radeon RX 580以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

DXR向け推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7 8700またはAMD Ryzen 7 2700以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070以上
  • ストレージ空き容量:GB以上

BF5をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20181116231936j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20181116231945j:plain

GPU負荷率は70%近辺となっておりました。そこまで高い負荷はかかっていないようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20181116231954j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は4GB程になっているようでした。エントリーモデルのゲーミングPCではギリギリのラインになってしまうと思います。

フレームレート

f:id:bto365:20181116232002j:plain

フレームレートは、終始40fps~60fpsで表示されております。カクつくところはありませんでしたが、ヌルヌルとはいいがたく、ヘッドショットキルがやや取りづらい場面がありました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20181116232015j:plain

CPUへの負荷は40%~70%程度となっておりました。こちらも負荷が高すぎるということはないようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20181116232027j:plain

DDR3メモリを使用しての計測ですが9Bを超えるところが散見されるので、DDR4メモリを使って8GB以内かな?というところだと思います。余裕をもってプレイしたいなら16GBメモリは搭載しておきたいところだと思います。

上記のことを踏まえると

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、プレイ自体は可能であると思います。しかし、4K画質等を考慮するとハイエンド以上のゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

BF5をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XT

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1060(VRAM6GB)を搭載、メモリは8GBを搭載しております。高画質や高フレームレートを維持と感がえずFHD画質でバトルフィールドVを楽しむなら十分な性能ではないでしょうか?

>> ガレリア XTの詳細

ガレリア ZZ i9-9900K

CPUはCore i9-9900Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは16GBを搭載しております。バトルフィールドVはレイトレーシングにも対応しておりますし、RTX2080Tiであれば4Kでも高いフレームレートを維持できます。

ストレージもメインにNVMe接続のSSD500GBを使用しているので、バトルフィールドをメインストレージにインストールすれば起動の速度アップも期待できるかもしれません。

>> ガレリア ZZの詳細