BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCゲーマーにとって最適なストレージ容量は?ゲーミングPCにおすすめのHDDとSSD

f:id:bto365:20181116230146j:plain

ゲーミングPCを購入するにあたって、ストレージ容量は結構重要なことです。

最近では、SSDやHDDも値下がりしているので、購入後の増設ということも考える人が多いと思います。

PCゲーマーとして所有しておきたいストレージ容量を書いていきたいと思います。

ゲームの容量が大きく上がっている

最近とくにゲーム1つ分の容量が上がっていると感じます。大手海外メーカーのゲームはだいたい50GB以上の容量になり、最近では100GB近い容量も多いです。

ゲーミングPCでミドルスペックくらいになると、メインストレージはSSDが250GB~500GBが標準となり、サブストレージに1TB~3TBの容量というものが多く見られます。

メインで遊ぶゲームが1つか2つならメインストレージのSSDにゲームを1つ保存すれば十分ですが、PCゲームはSteamをはじめ、様々なセールでゲーム飽和状態になるほどストレージ容量を圧迫するゲーム数になります。

インディーズゲームでも3DCGを使うようなゲームは20GB近い容量を消費します。ゲーム数本で100GBは使っている計算です。

1TBというと一昔前まではかなり余裕のあるストレージ容量を感じておりましたが、結局1000GBなので、ゲームによっては10本のゲームで満杯になってしまいます。

最近は私も最低でも3TB、余裕を持って考えれば4TB~6TBの容量は欲しいと感じ出しました。

写真や動画も保存すると容量不足

PCゲームだけでなく、動画の保存などもするとあっという間にストレージ容量は足りなくなります。とくにゲーム実況動画を作って編集して・・・となると1つの動画だけで10GB~数十GBの容量が必要となります。

スクショ自体は大したことありませんが、360度撮影や、4K撮影ともなると、枚数が増えればこちらもGB単位の容量が消費されます。

最低限SSDは500GBでHDDは3TB

上記のことを考えると、最低限欲しいストレージ容量はメインストレージに500GBのSSDが欲しいところです。ゲームを入れるとなると250GBでは心もとないと思います。NVMe対応だと処理速度もちょっと上がります。

メインで遊ぶゲーム1本か2本くらいはメインストレージに保存しておけば、アクセス速度も上がるのでPCの起動も速くなって良いと思います。

そして、動画や写真、そしてメインではないゲームは3TB以上のHDDに保存すると良いと思います。しかし、動画もゲームも増えれば容量をどんどん圧迫します。

最近は6TBのHDDも安いものであれば1万5千円程度で購入できるので、大切なデータのバックアップ用としても購入しておいて良いと思います。

私もHDDを買い足し、買い足しで増やしていっておりますが、1.5TBあたりのHDDが数本あるので、そろそろ6TBあたりのHDDにまとめてしまいたいと思います。

 

www.bto365.net