BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Fallout 76 ベータ版 プレイ感想

f:id:bto365:20181116225039j:plain

Fallout 76をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-6600kまたはAMD Ryzen 3 1300X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 780またはAMD Radeon R9 285 以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU: Intel Core i7-4790またはAMD Ryzen 5 1500X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 970またはAMD R9 290X以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

快適な動作が欲しいならばハイエンドゲーミングPCが欲しいゲームです。

 

www.bto365.net

Fallout 76の良いところ、悪いところ

Fallout 76の良いところ

  • 安定したFalloutの世界感を楽しむことができた。
  • 美しいグラフィック
  • 楽しいクラフト要素

Fallout 76の悪いところ

  • いきなり知らない人に襲われることもあった
  • Falloutを知らないととっつきにくい

総合感想

f:id:bto365:20181116225050j:plain

オンライン要素が導入され、寂しくない感じのFalloutですが、ルールもわからずいきなり人に襲われることもあり、最初は???となることが多かったです。ある意味β版の醍醐味と言えば醍醐味かもしれません。

エモートなどもあるので、ボイスチャットが無くとも、一応のコミュニケーションをとることができます。このオンライン要素を気に入るかどうかが今回のFalloutの鍵かもしれません。

一応シングルプレイも可能で、ミッションやクエストをクリアすると経験値が入り、レベルアップするシステムは変わりありません。いきなり知らない敵と思われるミュータントが徘徊する街に入っても良いですし、街でアイテムを見つけてクラフトに没頭しても良いです。

そこらへんの自由度の高さは相変わらず良いと思います。シリーズ通して相変わらず敵がグロいので、これは好き好きだと思います。私は虫系の敵はちょっと苦手です(笑)

ゲームとしては良くも悪くもFalloutなので、Falloutを知っている人はとっつきやすいですが、知らないひとはいきなり投げ出されたイメージなので、本編ではチュートリアルがしっかりしていることを祈ります。

私は最初に英語版でプレイしてしまい、ますますわかりませんでしたが、どうやらランチャーで日本語化できることを後から気づきました(笑)

今回β版ということで、雰囲気だけつかみましたが、相変わらずやることが多くヤリコミ甲斐があるゲームだと思いました。しかし、最近長時間ゲームすることが難しくなったので、また途中で投げ出してしまいそうな気がします。

面白いか、面白く無いか?で言えば面白いですが、Falloutが好きか、嫌いかで判別は分かれそうです。景色が殺風景ではなくなって美しくなり、フォトモードが楽しいので、オンラインでフレンドと集まって楽しい写真を撮ると盛り上がりそうなゲームだと思いました。

SNS映えしそうなゲームであると思えます。フレンドが沢山いるなら長く楽しめそうです。ぼっちの私の場合・・・・どうなるんでしょうね?とりあえずゲームとしては楽しかったです。