BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Fallout 76のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20181109143625j:plain

Fallout 76のβ版をプレイしてGTX1060(6GB)でベンチマークしてみました。

Fallout 76をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-6600kまたはAMD Ryzen 3 1300X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 780またはAMD Radeon R9 285 以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU: Intel Core i7-4790またはAMD Ryzen 5 1500X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 970またはAMD R9 290X以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

Fallout 76をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20181109143633j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中はウルトラ画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20181109143641j:plain

GPU負荷率は高いところで50%となっておりました。負荷は高くないと計測上では出ております。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20181109143650j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は5GB~6GBいっぱいでした。GTX1060(6GB)のビデオメモリをフル活用するような状況でした。

フレームレート

f:id:bto365:20181109143701j:plain

フレームレートは、終始30fps程度しか出ず、設定を下げても40fps出ない状況でした。私のPCでは高フレームレートは狙えない状況でした。

CPU負荷率

f:id:bto365:20181109143713j:plain

CPUの負荷は20%~40%程度ではありました。CPUにかかる負荷は少ないようでした。

メモリ使用量

f:id:bto365:20181109143722j:plain

メモリは町などに入らなければ、8GB以下の状態でした。私のPCの場合DDR3メモリなので、DDR4であればいくらか改善されると思います。

上記のことを踏まえると

ミドルスペックのゲーミングPCではプレイこそできるも、VRAMの使用量を考えると不安な状況です。ビデオメモリの負荷を考慮するとハイスペック以上のゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

Fallout をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XV

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1070Tiを搭載、メモリは8GBを搭載しております。メモリは16GBに増設しておくとより安心です。

>> ガレリア XVの詳細

ガレリア ZZ i9-9900K

CPUはCore i9-9900Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは16GBを搭載しております。4Kでも高いフレームレートを期待できるハイエンドゲーミングPCです。

メインストレージにNVMe接続のSSD500GBを使用しているので、起動も早く快適な動作が期待できます。

>> ガレリア ZZの詳細