BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

FIFA 19のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20180927142847j:plain

FIFA 19を快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

FIFA 19をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i3-2100またはAMD Phenom II X4 965以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 460またはAMD Radeon R7 260以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel i3 6300T、i3 4340またはAMD Athlon X4 870K、FX-4350、FX-4330以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 670またはAMD Radeon R9 270X以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

FIFA 19をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180927142855j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180927142903j:plain

GPU負荷率は高いところで90%~100%となっておりました。試合中はとても大きな負荷がかかっているようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180927142917j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は2GB~2.5GB程度となっておりました。VRAM2GB以上のゲーミングPCがあれば良いでしょう。

フレームレート

f:id:bto365:20180927142933j:plain

フレームレートは、ムービーを除き終始60fpsで表示されております。試合中の動作は非常に快適でした。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180927142926j:plain

CPUはムービーを除き60%程度の負荷でした。CPUへの負荷はあまり高いゲームではないようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180927142945j:plain

メモリの使用量は8GB以内に収まっておりましたので、最近のゲーミングPCに標準搭載されている8GBメモリがあれば十分遊べそうです。

ムービー中も試合中も非常に快適にプレイできました。ミドルスペックのゲーミングPCがあれば十分プレイ可能だと思えました。

 

FIFA 19をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XH

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1050Tiを搭載、メモリは8GBを搭載しております。とりあえずFIFA19をプレイできるゲーミングPCが欲しいのであれば、コスパの良いガレリア XHがオススメです。

>> ガレリア XHの詳細

ガレリア XT

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1060(VRAM6GB)を搭載、メモリは8GBを搭載しております。FHD画質であれば快適な動作を得られるゲーミングPCです。

>> ガレリア XTの詳細

ガレリア XV

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1070Tiを搭載、メモリは8GBを搭載しております。4K画質でのプレイを考えているならハイスペックゲーミング以上のゲーミングPCが欲しいところです。

>> ガレリア XVの詳細

PCであればOrigin Access Premierサービスにはいれば、発売前にFIFA19を楽しむことができて更にお得です。

www.bto365.net