BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Rise of the Tomb Raideプレイ感想!Shadow of the Tomb Raiderをプレイする前に予習しておこう

f:id:bto365:20180914123900j:plain

Shadow of the Tomb Raiderの発売も控えているのでRise of the Tomb Raideをプレイしてみました。

Rise of the Tomb Raiderをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7(64bit)
  • CPU:Intel Core i3-2100 または同等以上のAMD CPU
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GTX 650またはAMD Radeon HD 7770以上
  • ストレージ空き容量:25GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7 3770K以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 980TiまたはNVIDIA GTX 970以上
  • ストレージ空き容量:25GB以上

快適な動作を得たいならばハイスペックまはたハイエンドゲーミングPCが欲しいゲームです。

 

www.bto365.net

Rise of the Tomb Raideの良いところ、悪いところ

Rise of the Tomb Raideの良いところ

  • 美しいグラフィック
  • 親切な操作説明

Rise of the Tomb Raideの悪いところ

  • ムービーが多い
  • いきなり開始されるQTE
  • グラフィックが綺麗すぎて行ける場所と行けない場所の境目がわかりづらい

総合感想

f:id:bto365:20180914123921j:plain

もうすぐShadow of the Tomb Raiderの発売も控えているので、このRise of the Tomb Raideをプレイしてみることにしました。

実のところ初トゥームレイダーシリーズなのですが、プレイしてみるとファークライやアサシンクリードを思い出すゲーム性です。

ただし、オープンワールド要素寄りではなく、スクウェア・エニックスらしく映画寄りのゲームだと思いました。なにしろムービーが多いです。

過去の作品の作品なので仕方ありませんが、唐突なQTEもあり『え?QTE?今どき?』となってしまいました。私はムービーゲームが嫌いなので、ムービー中にボタンを連打していたらQTEで失敗してしまい、何度かララさんに悲鳴を上げさせてしまいました。

しかし、この唐突なQTE以外はとても楽しく遊べております。ノーマルでプレイしましたが、バトル難易度も低めでサクサク進行します。もうちょっと難易度を上げても良かったかもしれません。

 

f:id:bto365:20180914123938j:plain

グラフィックはとても綺麗で、フォトモードが欲しくなるデキです。MAP散策をしているだけでも結構楽しめます。クラフト要素とスキルアップ要素があるので、収集しているだけでも結構楽しめます。

ゲーム性としては、非常に強靭な肉体を持つララさんが、バトルになると急に軟弱になったり、高いところからの落下は即死だったりと、色々頭に???が浮かびますが、リトライはすぐに行われるので気にはなりません。

しかしながらQTEの部分についてのみは、ムービーを再度見なければいけないところもあり、ムービースキップも可能ですが、ちょっと辟易としてしまう部分もありました。

 

f:id:bto365:20180914124110j:plain

アクションは軽快なので、触っていて楽しいという気持ちも得られるので、軽めのアクションゲームが好きな人にもおすすめです。変な物理演算が効いていることもなく、しっくりとした操作感覚でした。

最近セールにも顔を出すことのあるゲームなので、Steamセールや海外サイトでの安いキーを見つけたら購入しても損は無いかと思います。

しかし、実際に稼働してみるとわかりますが、非常にPCに与える負荷が高いので、最低でもミドルスペックのゲーミングPC、余裕をもって遊びたいのであればハイスペックゲーミングPCが欲しいゲームです。

B級映画のように色々とツッコミどころもあるので、イージーモードで肩の力を抜いて遊ぶというのも十分にアリなゲームだと思います。最高画質でプレイするとテクスチャの美しさが見れて幸せになれます。