BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

「Unravel Two」にオススメのゲーミングPC

f:id:bto365:20180615131747j:plain

2018年6月10日に急遽リリースされたUnravel Twoを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Unravel Twoってどんなゲーム?

毛糸の人形ヤーニーを操って、様々なステージギミックを解き明かしていく横スクロールアクションパズルゲームです。美麗なグラフィックも売りの一つです。

今回は2体のヤーニーを操作することによって、謎解きやアクションのレベルが上がっております。更に2人同時プレイも楽しめるようになり、楽しさが倍増しております。

Unravel Twoをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel i3 2120 @ 3.3GHzまたはAMD FX 4350 @ 4.2 GHz以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:ATI Radeon R7 250XまたはNvidia GTX 650Ti以上
  • ストレージ空き容量:8GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)以上
  • CPU:intel i5 2300 @ 2.8GHzまたはAMD FX 6100 @ 3.3 GHz以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:ATI Radeon R9 270またはNvidia GTX 670以上
  • ストレージ空き容量:8GB以上

Unravel TwoをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180615131803j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに今回計測に使用したPCのスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920×1080ウィンドウモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180615131815j:plain

GPU使用率は最高画質に設定すると100%近い負荷となっておりました。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180615131824j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は2GB~2.5GB程度で抑えられておりました。Unravel Twoを遊ぶならばエントリーモデルのゲーミングPCは最低限所有したいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20180615131902j:plain

フレームレートは100~200近い数値が出ておりますので、ヌルヌルサクサクで快適に遊ぶことができておりました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180615131835j:plain

CPUに与える負荷は少ないゲームの様で、50%~60%程度の負荷しかかかっていないようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180615131852j:plain

メモリの使用量は7GB程度なので、最近のゲーミングPCに標準搭載されている8GBのメモリがあれば、十分だと思います。

 

Unravel TwoをプレイするためにオススメのゲーミングPC

エントリーモデルのゲーミングPC、またはミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、快適にプレイできるゲームです。

以上の動作確認をしたうえで、下記よりUnravel Twoを快適に楽しめるゲーミングPCを紹介したいと思います。

ガレリア DH

GPUはGTX1050Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8500を搭載しております。メモリも8GB搭載しています。Unravel Twoを快適に遊ぶことが可能です。高画質を期待しなければ、だいたいのPCゲームも遊べます。

>> ガレリア DHの詳細

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているのでUnravel Twoをヌルヌルサクサクの環境でプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細