BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

『Dauntless』にオススメのゲーミングPC

f:id:bto365:20180615131122j:plain

Dauntlessはモンハンにインスピレーションを受けたという、狩りゲームです。

https://playdauntless.com/

Dauntlessをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7以上
  • CPU:Core i5以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX660Ti以上
  • ストレージ空き容量:15GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10以上
  • CPU:Core i7以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX970以上
  • ストレージ空き容量:15GB以上

DauntlessをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180615131253j:plain

ガレリアMVも所有しておりますが、今回はミドルスペッククラスのゲーミングPCで動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私の所有するミドルスペックゲーミングPCのCPUは Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は最高画質(Epic)設定でプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180615131138j:plain

GPU使用率は高いところで100%となっておりました。結構負荷は高いようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180615131146j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は高いところで5GB程度になっておりました。トゥーンレンダリングに見えますが結構ビデオメモリの使用量は高そうです。

フレームレート

f:id:bto365:20180615131200j:plain

フレームレートは、終始50~60fpsで表示されております。カクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180615131212j:plain

CPUへの負荷は少ないようでした。高い所で70%~程度に抑えられているようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180615131224j:plain

メモリは7GB以内の使用量で収まっておりましたので、最近のゲーミングPCが搭載する8GBのメモリがあれば対応できるでしょう。

DauntlessをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、プレイ自体は可能であると思います。以上の動作確認をしたうえで、下記よりDauntlessを楽しめるゲーミングPCを紹介したいと思います。

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているので推奨環境も満たすこともでき、Dauntlessを最高画質でプレイしても安定したプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細

ガレリア ZV

GPUはGTX1070Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しています。Dauntlessだけでなく、最近PCゲームであれば安定した環境でプレイできるハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア ZVの詳細