BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

デスクトップPCに無線LANを導入する方法

f:id:bto365:20180608160605j:plain

デスクトップPCをインターネットに接続するにあたり、有線LANが望ましいのですが、家庭の事情などで有線LANが敷設できない場合があります。

私も以前、1Fに大元のLANケーブルがあり2Fに有線LANが敷設できずに、無線LANを使用していたことがありますが、安定した速度が出ないので有線LANに変更しました。

 

www.bto365.net

無線LANの選択

デスクトップPCで無線LAN機能を有するものはあまりありません。『あまり』という不確定な言葉を使用してしまうのは、デスクトップPCの様な大きなデータを扱うものは有線LANが推奨されているからで、メーカーも無線LAN機能をわざわざ搭載しないことが多いからです。

デスクトップPCで無線LANを選択する場合はオプション機能として選択することが多くなると思います。

デスクトップPC用の無線LAN機器の選び方

デスクトップPCでも、扱うデータ容量が少ないということでしたら、2千円くらいで購入できる無線LAN子機でも十分だと思いますが、ゲーム等をプレイするようでしたらとてもじゃないけど安定した接続は得られません。

私も以前、その場しのぎに安価な無線LAN子機を購入してみましたが、大容量のゲームをダウンロードする際には時間がかかりストレスが溜まったことを覚えております。

 

www.bto365.net

上記のことを踏まえると、安価な無線LANはオススメしません。5Ghz帯域に対応しつつ、広域に対応した大容量無線LAN機器を購入するか、接続場所によって中継器を導入することを考えた方が良いでしょう。

>> NETGEAR Wi-Fi 無線LAN 親機 ルーター 11ac 1450+300 Mbps

>> NETGEAR Wi-Fi 無線LAN 中継機 エクステンダー 11ac 867+300 Mbps

>> NETGEAR Wi-Fi 無線LAN 子機 アダプター 11ac 867+300Mbps

また、親機、中継器、子機はメーカーを揃えた方が設定が楽だと思います。規格や相性の問題もあります。私もメーカーを別にした際に繋がりが安定しなくなることもありました。

安いルーターの2台設置はオススメしない

大容量の無線LAN機器が高価だからといって、安価な無線LANルーターを2つ購入ということはオススメしません。安価な無線LANルーターは結局通信速度が安定せず、更に2台の無線LANルーターにより電波干渉を引き起こし、どちらの回線速度も安定しなくなってしまいます。

更に酷い場合は、どちらの電波も打ち消しあって、全く無線LANが繋がることもあります。安い無線LANルーターを二台買うくらいなら、奮発して高価な無線LANルーターを購入した方が、絶対に安定したネットワーク速度を維持できます。

有線LANほどの速度は出ない

結局無線LAN機器にお金をつぎ込んでも、有線LANを超える速度は出ないと思います。あまりオススメしないのはこの点です。

有線LANの敷設は確かに面倒ですが、安定したネットワーク速度を維持したいのであれば、有線LANをオススメしたいです。最近は有線LANを保護するモールも入手しやすいので、こういった物を活用すれば家中に有線LANを敷設しやすいです。

>> テープ付きモール 1号 白

しかし、借家等ですと、こういったモールを敷設することができない人もいらっしゃると思います。そういった場合は上記で紹介したような大容量無線LANルーターと中継器と子機などを使用して、できるだけ安定したネットワーク速度を維持できるようにしましょう。

快適なネットワーク速度が維持できると、無駄なストレスを得ることが少ないので、よりPC生活を快適に過ごすことができます。