BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

iPhoneのパスワードやPINコードを忘れた時の対処方法!リカバリーモードと復元のやり方

f:id:bto365:20180608150725j:plain

ご近所のiPhoneのバックアップと復元対応をしたのですが、その後PINコードの設定ミスで、iPhoneがロックしてしまったようです。

この方法を戻すには、どうやらリカバリーモードしか無いようなので、リカバリーモードからiPhoneの復元方法まで書いてきたいと思います。

パスコード忘れやPINコード忘れからのiPhoneの復元にPCは必須アイテム

パスコード忘れやPINコード忘れからのiPhoneを復元するには、まずPCが必須アイテムです。またiPhoneを復元する際には、iPhoneを予め同期してバックアップしておく必要があります。

同期していない場合は出荷状況まで戻ってしまいますので、同期をしておくことは忘れないようにしましょう。また長期間同期していない場合は、最終的に同期した状況まで戻ってしまいます。

PCのHDDのデータと同じで、データは逐次バックアップを取っておくようにしましょう。

iPhoneのリカバリーモードを起動

iPhoneがロックしてしまった場合、ロックの解除を待ってからリカバリーモードを起動します。リカバリーモードの起動はiPhoneの本体によって操作方法が違います。

iPhone8以降は音量ボタンを上げる、下げると押してから、サイドボタンを長押しするという隠しコマンドみたいな押し方です。

7は音量を下げるボタンとサイドボタンを長押し、6はトップボタンとホームボタンを長押しするという操作が必要なようです。

上記操作をするとリカバリーモードというモードになりますので、PCでiTunesを起動してUSBケーブルでPCとiPhoneを接続します。

ロック画面のままリカバリーモードを起動しても復元の際に、再度更新を選択されてしまうか、エラーが出て『復元』ができない場合があります。

iTunesでの操作

リカバリーモードのiPhoneをiTunesに接続すると『復元』または『アップデート』を選択するようにメッセージが出ます。

この時iPhoneが最新の状態でない場合は、まず更新を優先されるので、更新をしましょう。データ通信速度が遅い場合は数時間かかってしまうので、PCは有線LANでネットワークに接続することをオススメします。

更新になってしまった場合は再度『復元』か『アップデート』を選択させられるので、『復元』を選択しましょう。

『復元』(iPhoneのバックアップを取っていた場合は『バックアップから復元』というになっていると思います。)を選択すると30分程度の時間がかかった後iPhoneが再起動し、今度はiPhone内の更新が開始されます。

気を付けたい点

『復元』の最中に『電源が切れる』『ネットワーク接続が切れる』『USBケーブルが抜ける』ということがあると、再度リカバリーモードからやり直しという状況に陥ってしまいます。

iPhoneとPC(ノートPCの場合)の充電は十分に行い、インターネット回線は有線LAN推奨で切れる事なく、USBケーブルは断線や接触不良が無いようにしましょう。

とくに無線LANでネットワーク回線が遅いと、残り時間が4時間以上と表示されることもあるので、気を付けたいところです。

PCを持っていない場合

近隣のAppleストアかAppleの小売店で相談してみてください。今後のことを考えてPCは一家に一台あることをオススメします。