BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

夢の携帯ゲーミングPCであるGPD Win 2の国内予約をTSUKUMOが開始!数量も限られているので早目に予約しよう

f:id:bto365:20180527140037j:plain

夢の携帯ゲーミングPCであるGPD Win 2の国内予約をTSUKUMOが開始しました。発売予定は6月のようです。

GPD Win2の気になる値段

気になる金額は86,184円(税込)ということで、エントリーモデルのデスクトップゲーミングPCが購入できてしまうようなお値段です。

一応TSUKUMOのポイントで862ポイント還元されるのですが、そこまで大きなポイント還元ではないと思います。

>> GPD Win 2 ※6月発売予定 予約受付中 《送料無料》

延長保証5年と、交換保証にそれぞれ別途4,320円で加入できるようです。海外で購入すると保証面で心配なので、国内で購入する大きな利点がこれに当たると思います。

改めて性能を確認すると、CPUはIntel Core m3、メモリは8GB、GPUはHD graphics 615となっております。内蔵GPUであればもうちょっと性能の高いGPUが無いと3DCGを使うようなゲームは厳しいと思えます。

流石にGPD Winの初期型よりはマシな動きをすると思いますが、GPD Win2の性能を持ってしても3DCGを多様した大手AAAタイトルのゲームには、まともに戦えないレベルだと思います。

あくまでローエンドモデルとして、外出中にちょっとだけゲームを遊びたいと割り切って使用するのが良いと思います。

SMACH Zと比較

価格をGPD Win2の価格と同様にしたカスタマイズを行なった場合、SMACH Zの価格はGPD Win2よりも上がってしまいます。

www.bto365.net

ただし、SMACH Zはカスタマイズが自分好みにできるので、金額を上乗せしてPro仕様にした場合、数年後も戦えるスペックだと思います。

逆にGPS Win2はパーツ交換の幅が利かないので、数年後どれほどの使用状況になっているのか?が疑問視されます。

GPD Win2は買うべき?

ある程度使用を割り切って購入するのでしたら十分アリだと思います。なにより携帯性に優れておりますし、オーバーウォッチ程度であれば問題なく動くでしょう。

そこまでの性能を期待しなければ、携帯ゲーミングPCとしては十分すぎる性能だと思います。GPD Winも携帯性に優れておりました。重量も500gを超えない460gです。任天堂3DSLLが330gなので、苦痛と感じるような重さでないことがわかります。

インディーズゲームとちょっとした3DCGゲームをプレイしたいのであれば、良い携帯ゲーミングPCだと思います。流石にPUBGやGTA5を快適な環境で動作させるマシンパワーは無いので、過度の期待はしないようにした方が良いです。

私は既にGPD Winを所有しておりますので、GPD Win2が欲しいか?と聞かれると迷うところですが、きっとGPD Winを所有していなかったらGPD Win2は欲しいハードだと思います。

できれば、あと1万円~2万円安いと食指の伸びる価格だとも思います。しかし、在庫数が少ない状態が見えると、購入意欲がグイグイ増してしまいます。