BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PAYDAY2の日本語化にチャレンジしてみた

最近VR対応もされて益々盛り上がっているPAYDAY2ですが、基本的に日本語に対応しておりません。

そこで、日本語化するMODを導入することにしてみました。意外に面倒だったので備忘録ながら書いておきます。

PAYDAY2を日本語化するには

まず、PAYDAY2に日本語をできるようにMODを導入したいわけなのですが、通常の状態では日本語MODだけ入れても受け付けてくれません。

そこで、MODを導入するためのMODツールをダウンロードしなければなりません。そのやり方などを書きたいと思います。

Steamにも日本語化スレッドがいくつか立っており、初心者にはわかりづらいと思いました。なにより私も最初見当違いなファイルをダウンロードしてしまっていたようです。

Payday2 BLTをインストール

まず、PAYDAY2にMODを導入できるようにするツールであるPayday2 BLTというものをインストールしなければなりません。

Payday2 BLTをインストールしない状態で日本語MODを入れても、全く日本語化はできないのです。そしてPayday2 BLTですが、下記のLINK先からダウンロード可能です。

https://github.com/JamesWilko/Payday-2-BLT/releases

2018年5月現在では、最新バージョンは2.3(BLT_release_r7_r19.zip)となっております。もし最新のものが出ていれば最新版をダウンロードするのが良いでしょう。

ダウンロードすると圧縮されたファイルがありますので、そのファイルを解凍しましょう。『mods』という名称のフォルダが出てきたらOKです。

 

f:id:bto365:20180518135037j:plain

今度はそのmodsフォルダをSteamのPAYDAY2のローカルフォルダにコピーする必要があります。PAYDAY2のローカルフォルダの場所はSteamライブラリから移動可能です。

Steamライブラリから、PAYDAY2のソフト名を右クリックして、プロパティからローカルファイルのタブをクリックし、ローカルファイルの閲覧を選べば移動できます。

そして、移動先のPAYDAY2のフォルダに先ほど解凍した、modsフォルダをコピペするだけです。

日本語MODをダウンロードする

日本語化MODは下記のLINK先にありますので、そのままダウンロードを選択すれば、ダウンロードが開始されます。

https://steamcommunity.com/linkfilter/?url=http://github.com/KashEight/JP-Localize/releases/download/v1.0/JPLocalize.zip

ダウンロードするとまた圧縮ファイルになっているので、解凍する必要があります。解凍すると『JPLocalize』と『IPHLPAPI.dll』というフォルダとファイルが出てきます。

 

f:id:bto365:20180518135012j:plain

今度は出てきた『JPLocalize』というフォルダの中にあるファイル『assets』と『mods』を先ほど同様にPAYDAY2のローカルフォルダにコピペします。そして更に『IPHLPAPI.dll』もコピペします。

いざPAYDAY2の日本語化

f:id:bto365:20180518135138j:plain

上記のダウンロードとコピペが終わったら、PAYDAY2を起動します。メニュー画面で『OPTION』を選択し『MOD』をクリックします。『JPLOCALIZE』という項目が現れるの選択します。

そして、PAYDAY2をシャットダウンします。タスクマネージャーからの終了でも良いですし、X(閉じる)から閉じても良いと思います。普通にキャンセルボタンやEscボタンでは抜けられないのです。

 

f:id:bto365:20180518135149j:plain

最後にPAYDAY2を起動すると、無事日本語化がされていると思います。私は間違った古いバージョンのMODをダウンロードしたりと、日本語化に悪戦苦闘してしまったので、ご参考になったら幸いです。

英語という敷居が無くなるので、益々PAYDAY2を楽しむことが可能です。日本語化MODを作られている有志の方々に感謝です。