BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

For Honor(フォーオナー)がやっとまともなトレーニングモードを実装!初心者も上級者も遊べるゲームになってきた

f:id:bto365:20180504125826j:plain

私が地道に遊んでいるゲームであるFor Honorですが、トレーニングモードが実装されました。発売から1年2ヶ月経過しておりますが、やっと苦手なキャラクターとの攻撃方法が克服できる土台ができてきました。

トレーニングモードの内容

やっと実装されたトレーニングモードですが、実装されたのは以下の内容です。

  • 徒弟の試練
  • 戦士の試練
  • トレーニングアリーナ
  • トレーニングメディア

徒弟の試練では、初心者が学ぶべきFor Honorの基本動作が学べます。戦士の試練ではFor Honorの対戦をする上で中級者に行く程度の動きを覚えることができます。

そしてトレーニングアリーナは、色々な格闘ゲームにある、CPUのエネミーに好きな動作をさせて対処方などを学ぶモードです。トレーニングメディアは、動画等でキャラクターやゲームルールの説明を見ることが可能です。

ずっと好きで地道に遊んでいるゲームにこんな事言いたくはありませんが『このモードは最初から実装しておいてしかるべきモードではないのか?』と思いました。こういった対戦ゲームにあるべき面が薄かったので過疎化してしまったんだと思いますが、やっと人にちょっとだけオススメできる面ができました。

あとは相変わらずサーバーが弱い、対戦中にエラー出まくりという面も改善されていないので、いまだに絶対にオススメですよ!とは言えないゲームです。尖った部分も多く個人的には大好きなゲームなんですけど(笑)

トレーニングモードの感想

f:id:bto365:20180504125846j:plain

確かに色々な操作方法を覚えられて良いのですが、徒弟の試練と戦士の試練ではパリィという敵の攻撃をはじく動作が封じられている場面があるなど、結構足枷を付けて練習させられるところが多く操作に慣れている人間としてはストレスが溜まることも多かったです。

徒弟の試練や戦士の試練においてはトレーニングすることで報酬も得られます。しかし報酬を得るためにトレーニングするという本末転倒な状態があったのでイマイチでした。

トレーニングアリーナは待ちに待った存在だったので、実装されて非常に嬉しいです。できれば発売の時点でこのモードが実装されていれば、もっとちょっと流行ったのでは?と思います。

ついでにPS4版も遊んでみた

以前UBIソフトアカウントの連携のお試しのために購入するだけして遊んでいなかったPS4版のFor Honorを遊んでみることにしました。

PS4版でまともにFor Honorをプレイするのは、ほぼ初めての状況です。率直な感想としては【30fps状況下でのプレイでは辛い】でした。

最近ドスパラのゲーミングPCであるガレリアMVを購入して60fpsは出ている状況で遊んでいたので、より一層辛く感じました。

www.bto365.net

まず『敵の技が見えない!』と思いました。また、PC版と同じ有線LANネットワーク回線を使用しているのにも係わらずラグが酷く感じられました。PS4版もエラー落ちの頻度はPC版と変わらないので、あえてPS4版でプレイする必要は無いと改めて思いました。

ハイスペックゲーミングPCがあれば、美麗なグラフィックを堪能しつつ高いフレームレートが維持できているので、こういった格闘ゲーム系のゲームでの満足度は高いと改めて感じました。そういったことを感じさせてくれたという意味ではPS4版をプレイして良かったと思います。

あとはサーバーの改善

地道に楽しんでいるFor Honorですが、相変わらずサーバーが弱く対戦のマッチングがなかなかされない。マッチングされても対戦まで時間がかかる。対戦が開始されても途中でエラーになり落とされる。という不具合がまだ散見されるので、今後はその方面も改善して欲しいです。

マンネリ化した格闘ゲームに一石を投じる存在にも成り得たかもしれないゲームなので、今後のアップデートで完全されることを祈りたいです。

www.bto365.net

フルハイビジョンであれば最高画質&高フレームレートでフォーオナーを楽しむならドスパラ内ゲーミングPC人気1位のガレリア XVがオススメでしょう。

なお、そんな私が愛するFor Honorですが、2018年の5月3日~6日までの間はフリープレイになるようなので、気になったら触ってみてはいかがでしょうか?決して万人にオススメはしません(笑)