BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Past Cure 体験版のベンチマークとプレイ感想

f:id:bto365:20180309153551j:plain

Past Cure 体験版をプレイしてみました。

Past Cureってどんなゲーム?

人体実験をされて失った過去の記憶をとりもどすべく主人公はとある施設に潜入。人体実験の副作用で主人公は、まわりの時間をゆっくりとスローモーションにさせる超能力と幽体離脱で付近の様子を伺うという超能力を持っています。

その能力を駆使して様々なギミックを解き明かし、時折襲われる悪夢と戦うアドベンチャー&パズルゲームです。

Past Cureをプレイするには?

最低動作スペック

  • OS:Windows 7、8.1、10 (64bit)
  • CPU:Intel Core i5-2400/AMD FX-8320 以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 670 2GB/AMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ空き容量: 12GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows 7、8.1、10 (64bit)
  • CPU: Intel Core i7-5820KまたはAMD FX-8350以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050またはAMD Radeon R9 270X以上
  • ストレージ空き容量:12GB以上

Past CureをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920×1080ウィンドウモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180309153655j:plain

GPU使用率は高いところで100%近い状況となっておりました。最高画質での処理は負荷が高いようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180309153703j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は3GB程度となっておりました。最高画質で遊ぶ場合にはVRAM3GB以上はあるグラフィックボードを搭載したゲーミングPCが欲しいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20180309153716j:plain

フレームレートは、終始50~60fpsで表示されております。メニュー画面やムービー中は値が落ちるように見えておりますが、実際プレイしている間は全くチラつきカクつきなどは感じませんでした。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180309153728j:plain

CPUへの負荷は少ないのか高い数値でも30%近辺の値で止まっておりました。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180309153750j:plain

メモリは常に8GB近い数値が出ておりましたので、搭載するメモリは8GBはあった方が良いと思います。

上記のことを踏まえると

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、高画質でのプレイ自体は可能であると思います。しかし、4K画質等を考慮するとハイスペックゲーミングPCは欲しいところです。

Past Cureの良いところ、悪いところ

Past Cureの良いところ

  • 超能力が楽しい
  • グラフィックは綺麗
  • リスボーンが速い

Past Cureの悪いところ

  • 操作性が快適ではない
  • 画面が暗くて見え辛い
  • 戦闘がつまらない

総合感想

f:id:bto365:20180309153813j:plain

アクションのタグがついておりますが、アドベンチャーゲームに近いと思います。ダークでサイコホラー的雰囲気は楽しいですが雰囲気ゲームとも感じました。

敵も自分も一撃死(体験版では)なので、戦闘に緊張感が生まれるか?というとリスボーンも速いのであまり緊張感は持てませんでした。

 

f:id:bto365:20180309153825j:plain

幽体離脱して敵の行動パターンを覚え、時間をゆっくり進める能力で、敵の目から逃れてステルス?して潜入という行動は楽しいのですが、戦闘がつまらないのであまり爽快感は生まれませんでした。

悪いことばかり書いておりますが、アドベンチャーゲームとして見ると結構楽しいです。私のようにアクションゲームを期待すると肩透かしにあうと思います。

コツを掴むとゲームとしては難易度は低いと思うので、サイコホラー好きでアドベンチャー好きなら楽しめるゲームではないかと思いました。