BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Total War ARENAのベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20180302155106j:plain

オンラインステトラジーゲームTotal War ARENAのオープンβをプレイしてみましたので、快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Total War ARENA オープンβ

Total War ARENAをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 ウィンドウモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180302155117j:plain

GPUの負荷は100%近い状態が継続しておりました。グラフィックは美麗とまでは言いませんが、なにせ対戦ゲーム+キャラクター表示数の多さが負荷を与えているのではないかと思えます。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180302155125j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は1.5GB程度で抑えられておりました。GTX1050搭載のゲーミングPCでプレイはできると思いますが、余裕を持つならGTX1050Tiが良いかと思います。

フレームレート

f:id:bto365:20180302155138j:plain

フレームレートは、60fpsを超え80fps以上で表示されております。ミドルスペックのゲーミングPCがあれば非常に快適な動作が得られると思います。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180302155202j:plain

CPUはだいたい50%近辺、高いところでも60%程度なので、CPUにあまり高い負荷はかかっておりませんでした。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180302155211j:plain

細かいキャラクターなどが多いからかメモリは6GBを超える使用が見られました。最近のゲーミングPCが搭載する8GBメモリがあれば十分ではないかと思えます。

プレイしてみた感想と動作快適度

f:id:bto365:20180302155222j:plain

ミドルスペックのゲーミングPCがあれば十分遊べるゲームです。GPU内蔵のPCということであれば、最新のRyzen3 2200GとRyzen2400Gを搭載したPCが良いかと思われます。

オンライン対戦ステトラジーとしては、あまりステトラジーゲームを遊んだことはありませんが、結構楽しめたかと思います。戦闘前にオンラインのチームメイトとブリーフィングがあったのでなんとなく交流を楽しめました。

Total War ARENAをプレイするためにオススメのゲーミングPC

LEVEL-M037-i3-LN

CPUもCore i3-8100を搭載して、メモリも8GBあり、GPUはGTX1050を搭載しているので計測した以上の性能は持っていると考えられます。

あくまで最低限に楽しむのであれば十分なゲーミングPCということで選んでみました。

>> LEVEL-M037-i3-LNの詳細

ガレリア DS

CPUにCore i5-7500を搭載しており、メモリも8GB、そしてGPUはGTX1050となっております。上記のPCよりもCPU性能を良くしたモデルです。

>> ガレリア DSの詳細

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているのでFHD画質であれば、どんなゲームもそれなりに遊べるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細