BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

METAL GEAR SURVIVE BETAをGTX1060(6GB)でベンチマーク

f:id:bto365:20180223171547j:plain

METAL GEAR SURVIVE BETAをプレイして、ベンチマークを計測しました。

METAL GEAR SURVIVE BETAをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7,8,8.1,10(64bit)以上
  • CPU:Intel Core i5-4460以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:VIDIA GeForce GTX 650 以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7,8,8.1,10(64bit)以上
  • CPU:Intel Core i7-4790以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 960 以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

METAL GEAR SURVIVE BETAをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180223171511j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920×1080ウィンドウモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

GPU使用率はゲームプレイ中でほぼ100%となっておりました。敵が多く表示される戦闘中が主に高い負荷がかかっているようです。

ビデオメモリ使用量

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は4GBとなっておりました。高画質でプレイするのであれば最低でもGTX1050Tiは欲しい状況ですが、余裕を見るならGTX1060(6GB)が必要だと思います。4K等を考えるならもっと高い性能のグラフィックボードが欲しいところです。

フレームレート

フレームレートは、終始50~60fpsで表示されております。カクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。

CPU負荷率

CPUへのふかはひくいようで高いところでも平均50%を下回るような状況でした。

メモリ使用量

メモリ使用量も7GB程度なので、標準のゲーミングPCが搭載している8GBメモリで十分事足りるようです。

上記のことを踏まえると

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、プレイ自体は可能であると思います。しかし、4K画質等を考慮するとハイスペック以上のゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

METAL GEAR SURVIVE BETAをプレイして感じたPS4版との違いなど

f:id:bto365:20180223171528j:plain

前回の体験版はPS4で遊びましたが、今回はSteam版も体験できたので、私のPCで実際にベンチマーク計測することができました。

 

www.bto365.net

最高画質にてプレイして、個人的な感想ですがPC版の方がグラフィックが綺麗と感じられて良かったです。前回も書きましたがメタルギアシリーズはそこまでプレイしていないので、これはこれで楽しめるとは思います。

すっかりタワーディフェンスゲームのような潜入とはなんだ?というゲームになっているように感じますが、ソロストーリーモードではしっかりと潜入などが生かされているゲームだと良いと思います。

バトルの方は最初はナイフや槍だった武器が重火器や弓に代わるとかなり楽しめるようになっていると感じます。迫りくるゾンビをバッタバッタをなぎ倒していると、バイオハザードやレフト4デッドを遊んでいるような気分になってきます。

定価で買いたいか?というと微妙なゲームだとは思いますが、体験版をプレイして気に入るのであれば買っても良いゲームなのでは?と思います。