BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

htc Viveと新型Vive Proの性能はどう違うのか比較

f:id:bto365:20180121145029j:plain

2018年1月8日にHMD(ヘッドマウントディスプレイ)htc Viveの新型『Vive Pro』の発表がありました。

https://www.vive.com/jp/product/vive-pro/

Vive Proとhtc Viveの違い

気になる性能の違いはあるのか?というところが気になりますが、まず解像度の違いが挙げられると思います。

今までのhtc Viveは解像度が1080 x 1200(片目)で両目合わせて2160 x 1200 だったものが、Vive Proでは1440 x 1600 (片目)で両目合わせて2880 × 1600と大幅にアップしております。

更に高精細な有機ELが使われているということで、より質の良い映像が眼前に広がるということが考えられます。

付け加えてVive Proではアンプやノイズキャンセリング機能等を備えたヘッドフォンも標準搭載されているので、htc Viveよりも圧倒的に機能面が充実しています。

個人的には、Viveの装着感はグラグラしていてイマイチだったのでVive Proの様なしっかりとホールドするタイプのHMDになったのは嬉しいです。

気になる値段と発売日

1月8日の発表時点では価格と発売時期の提示はありませんでした。かなりの性能アップなので価格面も高価になりそうな気がします。

逆にhtc Viveの現在価格とお値段据え置きでVive Proが発売され、現行のViveの値下げがされるのならば、ユーザーとしては嬉しいですが、流石にそれは難しいと思えます。

純正のワイヤレスアダプタの案内もあり

今年無線ユニットが発売されるというニュースが昨年ありましたが、なんとhtcから純正の無線ユニットが発売されるというアナウンスもありました。

こちらも値段は提示されておりませんが、純正なので不具合の心配も少なそうなので、以前アナウンスのあった無線器機よりも安価で発売されるのなら純正の購入の方が良さそうです。

 

www.bto365.net

ViveとVive Proどちらを買うか

おおよそViveを購入しようと思ったら、思わぬ伏兵の登場でまたまたVR HMDの購入を迷わす要素が現れてしまいました。

Vive Proの影響でViveが安価になるのならViveを買いたい気持ちも有ります。しかしどうせ買うならVive Proという気持ちも湧いてきます。

2018年にVR HMDを買うぞ!と意気込んでいたのに、また頭を悩ます要素が現れるとは思ってもいませんでした。今後の情報にアンテナをはって、どのVR HMDを購入するか吟味していきたいと思います。

 

www.bto365.net