BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

【Kid Icarus】のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20180121142920j:plain

Kid Icarusはカナダの学生がファミコンディスクシステムの名作である『光神話 パルテナの鏡』をUnreal Engine 4にて現代版としてアレンジしたようなゲームとなっています。

以前紹介した『魂斗羅』のリメイクゲームと同様に版元に許可を取って作成されていないゲームですが、ファンゲームとしては非常に良くできたゲームです。

https://freaxx.itch.io/kid-icarus

 

www.bto365.net

Kid Icarusをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows 7 64bit以上
  • CPU:Quad Core 3+ GHz以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:GTX Geforce 560またはRadeon HD 6950以上
  • ストレージ空き容量:2GB以上

Kid IcarusをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180121142831j:plain

GPU使用率は高いところで100%近い使用状況となっておりました。平均80%程度の負荷がかかっており、やはりアンリアルエンジンを使っているだけあって、GPUにも負荷がかかるゲームの様です。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180121142841j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は2GB程度には抑えられているようです。こういったゲームをプレイするにはやはりゲーミングPCは必須であると言えます。

フレームレート

f:id:bto365:20180121142849j:plain

フレームレートは、終始50~60fpsで表示されております。カクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180121142858j:plain

CPUへの負荷は低いようで、40%以下の数値に収まっておりました。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180121142906j:plain

4GBギリギリとなっているので、一昔前の4GBメモリ搭載のPCではメモリの負荷は高めです。最低限でも8GBのメモリを搭載しているゲーミングPCは欲しいところだと思います。

プレイしてみた感想と動作快適度

f:id:bto365:20180121142936j:plain

ミドルスペックのゲーミングPCであれば動作は快適でした。学生の作るインディーズゲームですら、これだけのスペックが必要なゲームが当たり前の時代になってきたのかもしれません。

パルテナの鏡は好きなゲームのうちのひとつでしたので、今回こういったファンゲームを遊べてよかったと思います。これもゲーミングPCを所有していればこそだと思います。

Kid IcarusをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XH

GPUはGTX1050Tiを搭載しており、CPUもCore i7-7700を搭載しております。メモリも8GB搭載しています。Kid Icarusだけでなく様々なPCゲームをそれなりの環境で動作可能です。

>> ガレリア XHの詳細

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているので、4K最高設定などを望まなければPCゲームのほとんどをプレイできるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細